流れのままに

おのが道をゆく ひたすらにひたむきに @ 斉藤雅紀


天皇陛下の記者会見
会見年月日:平成30年12月20日 会見場所:宮殿 石橋の間

 天皇陛下として迎えられる最後の誕生日となりました。陛下が皇后さまとともに歩まれてきた日々はまもなく区切りを迎え,皇室は新たな世代が担っていくこととなります。現在のご心境とともに,いま国民に伝えたいことをお聞かせ下さい。

天皇陛下
 この1年を振り返るとき,例年にも増して多かった災害のことは忘れられません。集中豪雨,地震,そして台風などによって多くの人の命が落とされ,また,それまでの生活の基盤を失いました。新聞やテレビを通して災害の様子を知り,また,後日幾つかの被災地を訪れて災害の状況を実際に見ましたが,自然の力は想像を絶するものでした。命を失った人々に追悼の意を表するとともに,被害を受けた人々が1日も早く元の生活を取り戻せるよう願っています。
 ちなみに私が初めて被災地を訪問したのは,昭和34年,昭和天皇の名代として,伊勢湾台風の被害を受けた地域を訪れた時のことでした。
 今年も暮れようとしており,来年春の私の譲位の日も近づいてきています。
 私は即位以来,日本国憲法の下で象徴と位置付けられた天皇の望ましい在り方を求めながらその務めを行い,今日までを過ごしてきました。譲位の日を迎えるまで,引き続きその在り方を求めながら,日々の務めを行っていきたいと思います。

 第二次世界大戦後の国際社会は,東西の冷戦構造の下にありましたが,平成元年の秋にベルリンの壁が崩れ,冷戦は終焉(えん)を迎え,これからの国際社会は平和な時を迎えるのではないかと希望を持ちました。しかしその後の世界の動きは,必ずしも望んだ方向には進みませんでした。世界各地で民族紛争や宗教による対立が発生し,また,テロにより多くの犠牲者が生まれ,さらには,多数の難民が苦難の日々を送っていることに,心が痛みます。
 以上のような世界情勢の中で日本は戦後の道のりを歩んできました。終戦を11歳で迎え,昭和27年,18歳の時に成年式,次いで立太子礼を挙げました。その年にサンフランシスコ平和条約が発効し,日本は国際社会への復帰を遂げ,次々と我が国に着任する各国大公使を迎えたことを覚えています。そしてその翌年,英国のエリザベス二世女王陛下の戴冠式に参列し,その前後,半年余りにわたり諸外国を訪問しました。それから65年の歳月が流れ,国民皆の努力によって,我が国は国際社会の中で一歩一歩と歩みを進め,平和と繁栄を築いてきました。昭和28年に奄美群島の復帰が,昭和43年に小笠原諸島の復帰が,そして昭和47年に沖縄の復帰が成し遂げられました。沖縄は,先の大戦を含め実に長い苦難の歴史をたどってきました。皇太子時代を含め,私は皇后と共に11回訪問を重ね,その歴史や文化を理解するよう努めてきました。沖縄の人々が耐え続けた犠牲に心を寄せていくとの私どもの思いは,これからも変わることはありません。
 そうした中で平成の時代に入り,戦後50年,60年,70年の節目の年を迎えました。先の大戦で多くの人命が失われ,また,我が国の戦後の平和と繁栄が,このような多くの犠牲と国民のたゆみない努力によって築かれたものであることを忘れず,戦後生まれの人々にもこのことを正しく伝えていくことが大切であると思ってきました。平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに,心から安堵(ど)しています。
 そして,戦後60年にサイパン島を,戦後70年にパラオのペリリュー島を,更にその翌年フィリピンのカリラヤを慰霊のため訪問したことは忘れられません。皇后と私の訪問を温かく受け入れてくれた各国に感謝します。

 次に心に残るのは災害のことです。平成3年の雲仙・普賢岳の噴火,平成5年の北海道南西沖地震と奥尻島の津波被害に始まり,平成7年の阪神・淡路大震災,平成23年の東日本大震災など数多くの災害が起こり,多くの人命が失われ,数知れぬ人々が被害を受けたことに言葉に尽くせぬ悲しみを覚えます。ただ,その中で,人々の間にボランティア活動を始め様々な助け合いの気持ちが育まれ,防災に対する意識と対応が高まってきたことには勇気付けられます。また,災害が発生した時に規律正しく対応する人々の姿には,いつも心を打たれています。
 障害者を始め困難を抱えている人に心を寄せていくことも,私どもの大切な務めと思い,過ごしてきました。障害者のスポーツは,ヨーロッパでリハビリテーションのために始まったものでしたが,それを越えて,障害者自身がスポーツを楽しみ,さらに,それを見る人も楽しむスポーツとなることを私どもは願ってきました。パラリンピックを始め,国内で毎年行われる全国障害者スポーツ大会を,皆が楽しんでいることを感慨深く思います。
 今年,我が国から海外への移住が始まって150年を迎えました。この間,多くの日本人は,赴いた地の人々の助けを受けながら努力を重ね,その社会の一員として活躍するようになりました。こうした日系の人たちの努力を思いながら,各国を訪れた際には,できる限り会う機会を持ってきました。そして近年,多くの外国人が我が国で働くようになりました。私どもがフィリピンやベトナムを訪問した際も,将来日本で職業に就くことを目指してその準備に励んでいる人たちと会いました。日系の人たちが各国で助けを受けながら,それぞれの社会の一員として活躍していることに思いを致しつつ,各国から我が国に来て仕事をする人々を,社会の一員として私ども皆が温かく迎えることができるよう願っています。また,外国からの訪問者も年々増えています。この訪問者が我が国を自らの目で見て理解を深め,各国との親善友好関係が進むことを願っています。

 明年4月に結婚60年を迎えます。結婚以来皇后は,常に私と歩みを共にし,私の考えを理解し,私の立場と務めを支えてきてくれました。また,昭和天皇を始め私とつながる人々を大切にし,愛情深く3人の子供を育てました。振り返れば,私は成年皇族として人生の旅を歩み始めて程なく,現在の皇后と出会い,深い信頼の下,同伴を求め,爾来(じらい)この伴侶と共に,これまでの旅を続けてきました。天皇としての旅を終えようとしている今,私はこれまで,象徴としての私の立場を受け入れ,私を支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝するとともに,自らも国民の一人であった皇后が,私の人生の旅に加わり,60年という長い年月,皇室と国民の双方への献身を,真心を持って果たしてきたことを,心から労(ねぎら)いたく思います。
 そして,来年春に私は譲位し,新しい時代が始まります。多くの関係者がこのための準備に当たってくれていることに感謝しています。新しい時代において,天皇となる皇太子とそれを支える秋篠宮は共に多くの経験を積み重ねてきており,皇室の伝統を引き継ぎながら,日々変わりゆく社会に応じつつ道を歩んでいくことと思います

 今年もあと僅かとなりました。国民の皆が良い年となるよう願っています。

ph1-h301223-pre5[1]

閑話休題(それはさておき)

07ph-16[1] 天皇陛下の記者会見が行われた石橋の間(しゃっきょうのま)は広さ245平方メートル(約74坪)で、熊本県産市房杉や宮崎県産日向松などが使われている。部屋の中央壁面には、前田青邨(まえだ せいそん:1885年1月27日〜1977年10月27日)作の「石橋」・「白牡丹」・「紅牡丹」が。「石橋(しゃくきょう)」は同名の能から取材したもので、1955(昭和30)年に宮内庁からの依頼で仮宮殿の饗応の間を飾るために描かれた。モデルは十四世 喜多六平太(ろっぺいた:1874年7月7日〜1971年1月11日)。1970(昭和45)年に新宮殿が完成し、それにあわせ加筆され、左右の牡丹が書き添えられ、現在の三部作になった。
 なお、青邨の文化財保護事業の志を継ぐ弟子のひとりに平山郁夫(1930年6月15日〜2009年12月2日)がいる。

【石橋(しゃっきょう)のあらすじ】
 中国・インドの仏跡を巡る旅を続ける寂昭法師[大江定基(おおえのさだもと)]は、中国の清涼山(しょうりょうぜん)[現在の中国山西省]にある石橋付近に着く。そこにひとりの樵(きこり)の少年(または老人)が現れ、寂昭法師と言葉を交わし、橋の向こうは文殊菩薩の浄土であること、この橋は狭く長く、深い谷に掛かり、人の容易に渡れるものではないことなどを『獅子は小虫(せうらう)を食はんとても、まづ勢ひをなすとこそ聞け』と諭す。獅子は小さな虫を食べようとする時でさえも全力を尽くす、つまり優れた者はどんなことにも全力で当たるというたとえを引き、多少の修業をしたからといって、簡単に石橋を渡ることができると思うのは、危険であると戒(いまし)めるのであった。さらに橋のありがたさと、そのいわれや荘厳な様子を語り、ここで待てば奇瑞(きずい:めでたいことの前兆として起こる不思議な現象)を見るだろうと告げ、姿を消す。
 寂昭法師が待っていると、やがて仙人が現れ、文殊の使いである霊獣の獅子が橋の向こうから出現することを告げる。姿を現した獅子は、石橋の傍らに香り高く咲き誇る牡丹の花に戯れ、豪快に獅子舞を舞い、世を祝福する。そののち、もとの獅子の座、すなわち文殊菩薩の乗り物に戻る。
 歌舞伎では『相生獅子(あいおいじし)』『連獅子(れんじし)』などの石橋物のもととなり、近世邦楽にも大きな影響を与えた。

img_32178a462b599f765911dc6122e1cd0c39710[3]

獅子は小虫(せうらう)を食はんとても、まづ勢ひをなすとこそ聞け』の如く、新しい時代において、天皇となられる皇太子徳仁(なるひと)殿下と新天皇をお支えになる秋篠宮文仁(ふみひと)親王殿下は共に皇室の伝統を引き継いでくださり、日々変わりゆく社会的勢力に応じつつ道を歩んでいかれます。今上陛下のご意志ではない譲位により平成の世に30年で終わりを告げねばならなかったことは、本意なきことであったと思えてなりません。

参照:
「秋篠宮殿下のお話しの真意(神意・神威)」2018年12月08日
「新しい時代の皇室へ+α」2018年02月23日
「第125代そして第126代」2017年12月09日
「帝(ミカド)と資本主義」2017年11月17日
「陛下のおことばと真摯に向き合う」2017年04月21日
「平和&大御心」2016年07月14日
 

大きな笑顔の佳き連休を。

こにちは。日曜の今日、いかがお過ごしでしょうか。

今朝は「痛み」について、考えてみたいと思います。

私の母は、日々、腰と足の強い痛みに苦しめられていた。
腰部脊柱管圧搾症と診断されたのは4年前のことであった。
彼女の痛みからの解放をめざして、間もなく、手術を。
骨を削り、神経の周りを十分に広げて、チタン製の金具で骨と骨との間を固定した。

半年間はその痛みから解放されるも、再び激痛が。
それからは、鎮痛剤が彼女の唯一の処方箋となっている。
今は、強い痛みから解放されて、幸せな日常を手にした❗

強い痛みは、本人が意識できない場合が多いようだが、人となりを変えてしまう。
その豹変した言動と別人格の登場に周囲の人々は、狼狽せずにはいられないだろう。
時として、痛みは自分自身への存在理由への確信を崩壊させ、人格の崩壊に至らしめる。

より幸せに生きるために、「痛み」を伝えて、適切に取り去ろう。
何ら躊躇することはない。

大切なことは、先ず、痛みから解放されること。
それを最優先事項といたしましょう。


大きな笑顔のよき日曜日をお過ごしください。
IMG_20180820_050845

このページのトップヘ