流れのままに

流れのままに おのが道をゆけ ひたすらに ひたむきに

二〇〇七年長月

bba56a85.jpgみなさん、おはようございます♪
朝風がヒンヤリと氣持ちいいですね。
今、朝陽がSunSunと輝いてくれています。
あぁ〜、実にありがたい♪

昨夜、久々にイギリス時代からの
真友・U.Ichiro氏から電話があった。

彼は金曜日の夜9時半にひとり、
沖縄のアイリッシュ・パブのカウンターで
グラスを傾けている。
とても氣分が良さそうだ。

“We have been for more than 20 years since we had met at Canterbury, England, haven’t we?”

と彼はいつものようにブリティシュ・イングリッシュで語りはじめた。

Kent州のCanterburyで暮らし始めたのは1987年であった。
まもなく、知人から彼を紹介された。
好奇心旺盛な、博覧強記の人物。
そして、正義感の強い人。
いつも弱者の視線で物事を見つめている心優しい人。

互いにお氣に入りの飯屋がブルージュ(ベルギー)にあったので、
ホリデーをそこで楽しんだ。
ムール貝の煮込みとハウス・ビール、
そしてデザートたちが対話をさらに盛り上げた。
マルクト広場に面したこの飯屋の斜め向かいには、
貝型のチョコレートで有名なゴディヴァが人々を集めていた。

後年、彼はわたしの誘いに応じて、
ニューヨーク州立大学に来たが、
1年ほどで、タイの国立大学に行ってしまった。
今、彼は沖縄の合衆国軍基地・Camp Courtneyで
Community Relations Specialist and Liaisonとして活躍している。

“It’s cool for us to talk at Bourges again, right?”

と再会を提案した。
結果、今年の年末に恵比寿のとあるベルギー・レストランで
旧交を温めあうことになった。
この青山で育った食通のジェントルマンは
東京のレストラン事情に精通している。

ありがたい!
またひとつ楽しみが増えた♪    

良き週末をお過ごしくださいね。 笑顔

f5371055.JPG
おはようございます♪

昨夜の中秋の名月を
お楽しみいただけましたか。

中学時代の恩師と電話で
会話していたとき、
フト、先生がこんなことを仰った。


「朝早くから働いている豆腐屋、
 新聞店、牛乳店などの子等に、
 親の言うことをきかない
 少年・少女がいますか?」

その後、早朝ビジネスの
経営者のみなさんにお会いした折に尋ねてみた。

「いつも両親が早朝から
 一所懸命に働いている店の子どもたちは、
 その両親の姿を見ていますから、
 親の言うことを聞かないわけがありません」

と、異口同音に答が返ってきた。

「わたしの家は、家族全員が毎朝4時半に起きます。
 みんなでいっしょに朝食をとり、
 夫は6時に家を出て、7時には出社して働いています。
 子どもたちも、朝、予習をシッカリやってから登校します。
 お陰さまで、わたしたち家族はみんな健康で、
 何事もうまくいっています。ありがとうございます」

と、ひとりの婦人が淡々と語ってくれた。

朝から晩まで仕事に打ち込む働き者♪

ありがとうございます。  笑顔


※ファンの皆さま、お待たせいたしました。
 久々の登場! わが家の「カポック」です♪
 お陰さまで、こんなに立派になりました。
 ありがとうございます♪
a4bc5bec.JPG

8abdae92.jpgおはようございます♪
朝の寒さが心地好いです。

連休はエンジョイなさいましたか?

さて、今日は「充電」のお話を・・・

一日の始まりを大切にする。

「目覚めてからの一時間が、
その日の舵(かじ)となる」

と、19世紀合衆国の説教者ヘンリー・ウォード・ビーチャーは記した。

シッカリと休息をとり、
食事は就寝の3時間前に済ませ、
寝る前にテレビは見ない。

これが快適な目覚めのベストな処方箋。

苦しいとき、未決の問題を抱えたとき、
やるべき仕事が多いにもかかわらず時間が少なすぎ、
大きなストレスが生じやすくなることがある。
自然、疲れやすくなり、力が出なくなる。

そんなときは、・・・

開き直って、一歩後退してみるといい。
道が開けるから。

まる一日オフにして仕事を離れる。
氣にせずに思いっきり朝寝坊してみる。
頭と心を休めてあげよう。

何もしない!
電話をかけない、
仕事の書類にも目を通さない、
パソコンもいじらない、
仕事の打ち合わせもしない、
完全シャットダウン!

そして、散歩に行こう、
映画を観よう、
友達と食事に出かけよう、
何でもいいから氣分転換をしてみよう。

頭の先から足の先まで、思いっきりリラクックスする。
自然、心身のバッテリーが充電され、
物事をスマートに見極める力も戻ってくる。

食生活は大切♪
たんぱく質を多めに、
炭水化物は少なめにとる。
シュガー、ソルト、小麦粉などの
ホワイト・フード(白い食品)の取りすぎには注意する。

落ち着かないときは、
菓子パン、ジャンクフード、パスタの換わりに、
野菜にフルーツ、そして
魚、卵、赤みの肉など高タンパク質をとるようにする。

わたしたちの身体がこれらのたんぱく質を
高エネルギーのブドウ糖へと加工し、
頭脳がパワーを全開するサポートをしてくれる。

そうそう、“水”も大切!
一日に1リッターはとろう。
コーヒー、紅茶はOKだが、ほどほどに。
清涼飲料は遠慮しよう。
砂糖、カフェイン、その他添加物が情緒の不安定を招くから。

最後に、一週間に200分の運動をしよう♪
毎朝30分、元氣に近所を散歩するだけで、
心肺機能が高まり身体バランスが向上し、
ゆったり、のんびりの氣持ちが芽生え、
リラックスさせてくれる。

健康ほど大切なものはない。
外の世界で何が起こっても、
わたしたちの健康や幸福を捧げる価値などありはしない。
問題はいずれ去っていってしまうだろうが、
わたしたちの健康はいつも目の前にある。

わたしたちの人生が何よりも大切。
わたしたちの身体に氣をつかいましょう♪  笑顔

このページのトップヘ