流れのままに

流れのままに おのが道をゆけ ひたすらに ひたむきに

二〇〇八年文月

40cfd21d.JPGおはようございます♪

7月最後の月曜日。
朝風が清々しい。

昨日は朝9時から午後6時まで、短大で集中講義。
「論理(ロジック)」がテーマであった。

人生のロジックは『人はいかに生き抜くか』であるので、自分の頭で考えて生き抜くための教材として、映画「ミス・ポター / MISS POTTER」を鑑賞してもらった。

カンブリア州の湖水地方(Cumbria & Lake District)の映像が、実に美しい。ここは英国屈指の絶景の地。横断すればわずか50キロの地域に高い山々が連なり、その間に氷河期に形成された16の湖が点在する。この自然のままの高山地帯では、石造りの家々と丘陵を縫って走る石積みの塀のみが慎ましく人の氣配を感じさせてくれる。

ヒルトップには、映画の主人公・ビアトリクス・ポターが最初の作品の成功で得たお金で購入したファームハウスがある。「ピーター・ラビット」をはじめとする多くの作品がここで誕生した。また、彼女は湖水地方の自然保護活動にも積極的に携わり、所有した4,000エーカーの土地を英国政府に寄付した。ワーズワースもここで人生のほとんどの時間を過ごし、湖水地方の豊かな自然を創造力の源とした。彼らは良き湖水地方(Lake District)の住人であった。

この作品は、『ベイブ』のクリス・ヌーナン監督が11年ぶりに手掛けたもの。「ベイブ」もそうであったが、心にぬくもりを残してくれる。優しい氣持ちになれるから不思議。場面のところどころで絵本のキャラクター達を動かす演出がある。これが実に可愛らしい。

親子で、恋人同士で、家族でご覧下さい。
現実に向き合い、自分の頭で考えて生きるみなさんに、おススメします。

閑話休題(ソレハサテオキ)。

講義をおえた帰り道、空を仰ぎ見た。
2006年3月に書いた「ケムトレイル」が現れていた(写真)。

良き一週間を。  感謝

9766887e.JPG一昨日の朝、「ぴすとーれ」の山下秀雄さんから、注文したレーズンクッキー、チーズラフェ、バナナパイが冷蔵便で届けられた。

先月、上京した折、
山下さんの息子さんと娘さんと食事をともにした。
両親を大切になさっている素的な兄妹である。

彼女が小さいころ、生死を分かつ大病をしてから、
お父さんは健康に良い食べ物を追及し、考えた末、
自らパンを焼くようになったという。

実に、優しい方。

パンづくりの苦悩と経営難とを乗り越えながら、
山下さんは、フト、ひとつの原則に氣づかれた。

「つくり手が幸せでない食べ物は、
 それを食べる人を幸せにはできない」

「ぴすとーれ」のパンは、
このように完成されたが故に、
人々を幸せにする役目を担っている。

高い技術の下で厳選された素材を使用することは、
安全な食べ物の必要条件かもしれないが
幸せな食べ物の十分条件ではない。

食べ物づくりは、いのちを持った素材と人間の共同作業。

独自に自然培養した酵母と
小麦など国内産素材を使用。

パン生地には砂糖や油も使わない。
ラフェなどはそば粉20%配合。

シンプルだが、ずっしりとした優しさがうれしい。
幸せなパンをありがとうございます。

感謝

※「ぴすとーれ」

〒155-0032
東京都世田谷区代沢4-4-2
TEL・FAX 03-3795-8967
営業時間 9:00-18:00
定休日 火曜・木曜
アクセス
 東急世田谷線三軒茶屋徒歩15分
 東急田園都市線三軒茶屋歩15分

※全国発送もしてくださいます。要予約。

参照:「しあわせのパン屋さん ぴすとーれ

359efd8f.JPGみなさん、おはようございます。
静かな旭ヶ丘です。

祝日の朝、いかがお過ごしですか。

旭山音楽祭では、オペラ歌手が歌った、
「愛する小鳥よ」を楽しんだ。

Hi-D(非常に高いレの音)で「愛する小鳥よ」と
何度も繰り返すコロラトゥーラの
パッセージが印象的であった。

彼女の年齢や経験を積み重ねた内面的なものが、
歌の味わいと表現力となって伝わってくる。

彼女は、歌唱技法だけではない、
友人・知人の楽しい出来事、
悲しい出来事などさまざまな心持ちを
自分に重ねて考えることができる
広い意味での教養で満たされていた。

聴きながら、人とのつながりというものを考えてみた。

親、連れ合い、子供たち、
そして友人・知人、
または世話をしてあげた人々は、
みんな自分を助けてくれながら、
多くの課題を提供してくれる。

恩を仇(あだ)で返されながらも、
貴重な課題を提供してもらうこともある。

これらの課題は、自分がこれから立ち向かい、
乗り越える必要のあるもの。

課題に出会うたびに、
それが自分のテーマで、
理(ことわり)であると知らされている。

人と人とのつながりの中に
もたらされた事象には
必ず理由というものが存在する。

自分の人生は
自らの責任とともに
創るもの。

どのようなものにするのかは、
ひとりひとりの人間にゆだねられている。

自分が苦しい経験をしていたのなら、
次の世代、若い人たちが同じ思いと経験を
しないで済むように助けてあげたい。

閑話休題(ソレハサテオキ)

祐天寺のナイアガラは実に楽しい。
カレーと鉄道の店。dc977d91.jpg

おススメします♪

祐天寺駅徒歩1分位。
営業時間 11:00〜21:00
住所 目黒区祐天寺2-1
電話 03-3713-2602

c6ca9172.jpgご主人の笑顔と奥さんの優しさが
ありがたい。

感謝

このページのトップヘ