流れのままに

流れのままに おのが道をゆけ ひたすらに ひたむきに

二〇一〇年葉月

先日、札幌で狸小路(たぬきこうじ)6丁目を歩いていたら、

『タイムサービス・ラーメン480円』

の立て看板が目に入った。

そして、自然とわたしの身体はそのラーメン店へと吸い込まれていった。

10席ほどのカウンターのみの真新しい店内は清潔であった。

「いらっしゃいませ」と店主。

「あのぉ〜、480円のラーメンとメニューにある650円のものとの違いは何ですか」とわたし。

「通常はチャーシューが2枚ですが1枚になり、ほうれん草も添えられていません」と笑顔で答える店主。

「それでは、480円の味噌(味)をください」とわたし。

他に餃子(350円)とサッポロクラシック生(380円)を注文した。

『うまい!』

大満足で、店主に勘定をお願いすると、

『暑いでしょう。ウチはクーラーがないもので、すいません』

と一言。

『汗をかきながら食べる楽しみもありますよ。ありがとう』

とお金を払って店外へ。

台湾からの観光客が笑顔で散策している姿が目に入ってきた。

楽しそうだ♪

男も女もわたしたち日本人と見分けがつかない。同じ顔をしている。

しかし、間もなく、あることに氣づいた。

日本女性と台湾女性は見分けることができる。

ポイントは、化粧にある。

素っぴん、ノーメークなのです、台湾女性は。

素っぴんの肌が、美しいのです。

いいですね♪ 素顔の美しさ☆


閑話休題(それはさておき)。


昨夜、数年ぶりにテレビ朝日の報道ステーションを見た。下劣の一言に尽きる。政治記者の星浩氏は検察が不起訴とした“小沢疑惑”を既成事実として語っていた。小沢一郎氏のことを、政治と金の問題を抱えた疑惑の金権政治家であり、これから起訴されるかもしれない政治家だと裁いて見せるのであった。加えて、小沢氏の疑惑を徹底的に追求すると、菅直人陣営は代表選にも勝てるだろう、と恥ずかしげもなく言って見せた。

同じ朝日新聞系列でも、「週刊朝日」編集長・山口一臣氏はジャーナリストしての誠実さと眼力をもって勇氣ある発言をなさっている。

http://twitter.com/kazu1961omi より引用。

・・・・・・
端的にいえば、いま言われている小沢氏に関する「政治とカネ」は一部検察官が自らの保身と出世のためにデッチ上げた虚構に過ぎないということです。民主党代表選の直前に、村木厚子さんの裁判で無罪判決が出て、検察がどういう組織なのかがハッキリします。小沢陸山会事件は、村木裁判と表裏です。

約19時間前 TweetMe for iPhoneから
・・・・・・

小沢問題、小沢疑惑なるものから浮かび上がって来たものがある。日本の国会を構成する代議士の意識の中に、議会の決定よりも検察庁の決定の方がはるかに重要である、という現実がうかがえることである。

小沢一郎氏に疑惑があるのなら、なぜ彼は議会の場において裁かれないのか。

議会独自の判断によって、彼の無罪・有罪を導き、彼の議会における地位を決めることができるはずなのだが。

国会とは国権の最高機関である。原理的には裁判所の決定に対してすら独立している。

国権の最高機関は、その本来の機能を果して欲しい。

現代日本は政治不信の時ではなく、政治不在の時である。

さあ、今日も輝く笑顔で参りましょう。

よき週末を。

感謝
SN3M0030

おはようございます♪

今朝も太陽がSunSunです。

実に氣持ちがいい♪

では、…


「もう、手遅れだ」

手遅れなんて、口実に過ぎない。

その時の現実に即した努力がある。

どのような悪環境にも、切り口(突破口)はある。

錯誤に氣づいたなら、躊躇することなく、間髪を入れずに、

悪循環の錯誤環を切り離す。

いかなる犠牲を払っても、後に得るところの方が多い。


モラルや教えの残骸にしがみつき、
生の歓びを失った人々へ。


さあ、笑顔でよき木曜日と参りましょう。


感謝
100826_0656561

情報化時代とかグローバル社会と呼ばれて久しい。

モバイルなどの情報機器を身につけ、

「世界中の情報が手に入るんです!」

と喜んで見せる。


でも、それは移動中の使用が可能なコンピュータ環境が手に入ったに過ぎない。


昔から、豊かな人々は、
世界中にファミリーや友人を持っていて、
毎シーズン、世界各地を移動している。

そして、彼等を通じて、役に立つ情報(intelligence)を仕入れている。

今、貧しい人々は、
住宅ローンをはじめとする借金の返済に追われ、
移動する時間とお金を奪われている。

そして、モバイルを通じて、役に立たない情報(information)を仕入れている。

本来、モバイル (mobile) は可動性・移動性という意味で、
情報が勝手に世界を飛び回ることではなくて、
人間が自由に世界を行動することを言う。

今のところ、国民(市民)が自由に世界を移動するグローバル社会の実現を目標に掲げている国家は存在しない。


閑話休題(ソレハサテオキ)。


日本で仕事をすると、マーケットから消えてしまう!

地理的な問題ではなくて、
“人材と情報のポテンシャ”が低いということかもしれません。

【サッカー日本代表】迷走? 決まらぬ次期監督
2010.8.24 20:11
・・・・・・
一般的に、一流の指導者ほど活動期間が限られる代表チームより毎日鍛えることのできるクラブチームで監督になることを好む傾向にある。加えて、「正直、われわれは極東ということ。それを改めて認識した」と小倉会長。ペジェグリニ氏に断られた最大の理由も、サッカーの本場・欧州から遠く離れた日本で長期間仕事をすることで「マーケットから消えてしまうのではというのが大きかった」(原委員長)という。
・・・・・
http://sankei.jp.msn.com/sports/soccer/100824/scr1008242013005-n1.htm

ペジェグリニ氏の判断は、世界各地の友人を通じて得た、
役に立つ情報(intelligence)によるものかもしれない。

   intelligence = power of knowledge

有能な人材に日本で仕事をしていただくためのインテリジェンス(情報)を考える必要がありそうだ。

今、日本が海外からの円高誘導策に嵌(はま)ってしまっているのも、インフォメーションに惑わされるインテリジェンスを持たない人々が対処している結果だろう。

果実する知識(power of knowledge)と人材が求められている。

さあ、今日も笑顔で参りましょう。

感謝
saroma06

このページのトップヘ