流れのままに

流れのままに おのが道をゆけ ひたすらに ひたむきに

二〇一〇年長月

100914_1102251

旅先の休み処にあった本を紐解いたところ、
こんなセンテンスを見つけた。



    なんたって
    たくさん食う奴が
    いい仕事をするんだ
    男でも 女でも



チト、ウレシイ。

感謝

100914_1228271

領土問題にかかわる紛争の解決は容易ではない。だからこそ、国家間の主権にかかわる問題の調整機能を担う頭脳である政府は、軍事力と経済力をバックに、頭を使った政策を慎重に遂行する必要がある。しかし、日本政府は思考力と外交の空洞化により、アーム(兵力)のみを拠り所とする傾向が強く、国家の安全を損なう状態が続いている。今回の中国との問題に際して、日本の政治指導者が迅速に毅然とした姿勢を中国や国際社会に見せることはなかった。

中国、異例の要求 丹羽大使を未明呼び出し
2010年9月13日 夕刊

【北京=池田実】東シナ海の尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近で海上保安庁の巡視船と中国漁船が接触した事件で、中国の戴秉国国務委員は十二日午前零時(日本時間午前一時)、丹羽宇一郎駐中国大使を中国外務省に緊急に呼び出し、「誤った情勢判断をせず、賢明な政治判断をし、中国人の漁民と漁船を直ちに送還してほしい」と要求した。中国外務省がウェブサイトで公表した。

 また中国国営の新華社通信は十三日、この事件について海上保安庁が同日、乗組員十四人を「釈放した」と報じた。

 今回の問題で丹羽大使が中国当局者に呼ばれるのは十日の楊潔〓外相に続き四回目。副首相級の国務委員が大使を休日の未明に呼び出すのは極めて異例で、中国側が今回の事態を非常に重視していることを示している。取り調べが続く船長の早期解放を求め、日本側に対しさらに強い姿勢に出る可能性もある。

 十二日未明の会談は約四十五分行われ、戴秉国委員が「重大な関心と厳正な立場を表明した」のに対し、大使は中国側の立場を日本政府に伝えると表明したという。

 丹羽大使は「漁船による違法操業に伴う公務執行妨害事件であり、厳正に国内法に基づき粛々と対応する立場は変わらない」と指摘し、中国側に冷静な対応を呼び掛けた。http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010091302000039.html (引用終わり)

国防問題は安全保障のサブシステムであり、外交・経済・金融・教育・環境・情報・防災などが国防と並んで国家の安全にとって重要である。

領海を侵犯した中国が丹羽大使を呼びつける前に、領海を侵犯された日本が駐日中国大使を呼びつけるのが、政治的駆け引きとしての外交というものだろう。

さらに、日本国の首相は、日本の正統性と正当性を世界世論形成のために発信すべきなのに未だしていない。驚くべき無能者を観る思いがする。わが日本の安全保障問題として最優先の解決課題であるというのに…。

閑話休題(ソレハサテオキ)。

オバマ政権は合衆国議会に、サウジアラビアに対し600億ドル(約5兆円)の兵器を売却する計画を報告するらしい。これは合衆国の武器売却史上最大の規模だそうで、この売却計画が予定通り進むなら、ボーイング社は合衆国44州で計7万7,000人の雇用を創出できるという。

他方、サウジアラアにとっては「テロとの戦い」に役立ちそうにない無駄な武器購入をさせられていることになる。これは金融破綻で行き詰まった合衆国への隠れた財政支援である。

サウジアラビアは他山の石である。今日のサウジアラビアが、明日の日本の姿とならない保障はどこにもない。湯水に近いオイルマネーとは違って、日本国が支払うお金は働く人々からの血税によりまかなわれているのだ。

菅新政権は今、得意の絶頂にあるらしい。合衆国から近々に届くオファーに対し、安全保障の観点から日本国民を守るという胆識(勇氣)を発揮できるであろうか。

笑顔のよき週末を。

感謝

富士夜明



【参照】http://www.cnn.co.jp/usa/30000205.html

米国、サウジに5兆円の武器売却へ
2010.09.14 Tue posted at: 11:16 JST

ワシントン(CNN) 米オバマ政権はサウジアラビアに600億ドル(約5兆円)規模の武器を売却する計画について、議会に報告する準備を進めている。米国防当局者が明らかにした。

当局者は売却計画について「この種のものとしては史上最大の規模になる」と話している。

売却が予定されているのはF15/SA戦闘機84機、改良型の航空機70機、アパッチヘリコプター70機、ブラックホークヘリコプター72機、AH6リトルバードヘリコプター36機など。爆弾とミサイル、衛星誘導式のJDAM弾、レーザー誘導式のヘルファイアミサイルなどが含まれる。

サウジへの武器売却は、イランに対抗するための近代装備供給が主な目的となる。

オバマ政権は遅くとも来週中に計画を議会に提出したい意向。ただしサウジ側はまだ予算について検討中で、計画通りにすべての武器や戦闘機を購入するかどうかは分からないという。

米国務省のクローリー次官補は13日、売却の意図を「地域安定化が主眼であり、イスラエルが望む自国の安全が保障されることも安定化材料のひとつだ。米国はこの地域の現在のバランスを崩すようなことはしない」と述べた。

当局者によれば、米国はサウジ政府との間で、弾道ミサイル防衛システムや軍艦などの売却についても交渉中だという。

計画は実施されれば完了までに5年から10年かかる見通しで、ボーイングは新たに7万7000人近くの雇用が創出されると見込んでいる。(引用終わり・以上)

わが国は、陰暦明治5(1872)年12月3日を太陽暦明治6(1873)年1月1日としたときに七曜を採用した。そして、明治9(1880)年に七曜にしたがって公的機関が活動するようになった。

「ウチの町内会の資源ゴミの収集日は、第1・3月曜日です」と言った場合、国民の祝日に関する法律での用例同様、『第1月曜日』は当月の第1回目の月曜日の意味である。よって今年、2010年9月の第1月曜日は6日である。6日の月曜日が第2週目にあることを理由に「第2月曜」と呼ぶ習慣を持つ人々もいるらしいが、誤解と混乱を招きかねない。

札幌市廃棄物の減量及び処理に関する条例」には以下のようにある。

(排出日時等の遵守義務)
第31条 土地又は建物の占有者(占有者がない場合は、当該土地又は建物の管理者とする。以下「占有者等」という。)は、自ら処分できない一般廃棄物を排出しようとするときは、市の定める排出日時、排出場所、排出方法等を遵守しなければならない。(後略)

この条例の下、札幌市は市民に「収集日カレンダー」というものを配布している。わたしたち市民はこれを基に「排出日時」を確定している。

ちなみに、港区の「収集曜日表」も札幌市同様、分かりやすい。

閑話休題(ソレハサテオキ)

誕生日は何曜日というサイトで誕生「曜日」を知るのも楽しいですね♪

曜日占いも見てみましょう♪

【日曜日生まれの人の性格】
大胆不敵に行動することで自己を表現する。創造力にもすぐれ周りを圧倒するが、大雑把過ぎる。細かいところをつかれると逃げ腰になる。プライドが高く見栄っ張り。頼って来る者に対し、色々とお節介を焼く。開拓者精神を備えてはいるが、行動がともなっていない。発想は良いが、発展に乏しい。

【月曜日生まれの人の性格】
常識的に物事を考え、責任感が強い。現実を直視でき、抜群の判断能力を備えている。しかし、周りの状況に過敏なところがあり、神経質になりやすい。そのため、周囲から潔癖性の人物と見られやすい。頑固になりがちだが、理性的判断力は優れいる。

【火曜日生まれの人の性格】
陽氣で自由を愛し、自分が支配されるのを嫌う。負けず嫌いで正義感も強くリーダー的行動をとる。考え方は極めて情熱的で生命力に満ち、勇氣ある行動を常とする。しかし、打たれ弱いところもあり落ち込みも激しい。そのため、周りからは氣まぐれと映ることがある。

【水曜日生まれの人の性格】
知的でクールな、金銭感覚に優れた策略家。自分に自信を持ち何に対しても冷静に処理できる。駆け引きが巧みだが、本質的には神経質なため自分が傷つきたくないと願っている。内面は純粋で、信じた者に対し大きく心を開く。表面と内面が違う二重人格ではあるが、大いなるロマンティストでもある。

【木曜日生まれの人の性格】
個性的で変わった考え方をする。理屈っぽく議論好きでもある。しかも、核心をついたことをサッパリと言い放つ。自惚れが強く独りよがり。それが周りからは、個性的に映りやすい。自分は博愛主義者であると信じ、平凡に生きているつもりでいる。だから、自分が個性的だと思っていない。

【金曜日生まれの人の性格】
最上の美意識を備えた、オシャレな平和主義者。周りの人との調和を大切にする性格で争いごとを好まない。もし、その様な状況を察知すると逃げてしまう。笑顔も素敵な美食家。協調性もあり、周りはそのソフトなムードに魅了される。ただ、経済観念が優れているため、お金と仕事に関しては別の顔を見せる。少し優柔不断。

【土曜日生まれの人の性格】
物静かで洞察力にすぐれ、神秘的な空氣を創る。何事に対しても深く物事を考え自分が体験した過去の事実に照らし合わせ、それから答えを出す。しかし、好き嫌いも激しく自分の関わりたくないこと・ものには毅然として関わらない。ただ、その事は周りには全く見せない秘密主義を貫いている。周りからは、ミステリアスに映る。

お楽しみいただけましたか。

わたしは土曜日生まれです☆

7日に昇天なさったK法学博士のご冥福を願って

感謝
viola6

このページのトップヘ