流れのままに

流れのままに おのが道をゆけ ひたすらに ひたむきに

二〇一二年霜月

最近は選挙が近いからであろう、安心して暮らせる日本にと笑顔で主張する政治家たちをテレビで目にする。そして、福島第一原発からは未だ放射性物質が毎日放出され続けている。にもかかわらず、放射線放出を「収束」させることを急務の課題として最優先に主張する政治家は見当たらない。福島第一原発がもたらした課題が「終息」したかのように演出している現代日本ではあるが、海外の目は誤魔化せない。私たち民衆が住む日本は、危機の真っ只中にあるという自覚を持ちたい。
ロシア 日本産海産物の輸入禁止措置解除を急がない
(VOR 24.11.2012, 08:00)
 ロシアは、昨年3月の福島第一原発事故の直後に導入された日本からの魚介類の輸入禁止措置解除を急ぐつもりはない。ロシア農業監督局が伝えたところでは、日本側は、日本企業242社の製品に対する制限措置解除の可能性を検討するよう、ロシア側に求めた。
輸入禁止措置
 金曜日、ロシア農業監督局のエフゲニイ・ネポクロノフ副局長と日本の水産庁漁政部の森下丈二(ジョウジ)参事官が会談し、現在形成された状況について意見を交換した。
 ロシア側の発言では、福島第一原発付近の自然堆積物における放射線量が減っていないというものなど、この件に関し日本から届く情報が矛盾しているため、最終的な決定は下されなかった。なおEUも、日本からの魚介類の輸入を今も許可していない。http://japanese.ruvr.ru/2012_11_24/95718110/より転載

福島原発事故の脅威は日本から去らず
(リュドミラ サーキャン 22.11.2012, 15:31)
 福島第1原発の水域付近で捕獲されたイワナから通常の値の100倍を超える放射線量が検出された。原発から20キロ離れた地点で獲れたイワナからは1キロあたり1万1400ベクレルの放射線セシウム137が検出されている。
 他の魚からは1キロあたり3000−4000ベクレルの放射線量が検出された。環境省は第1原発の北を流れる仁井田川と飯館村で検査を行なった。この結果、川魚より海で獲れた魚のほうが汚染度が低いことがわかった。一方で「サイエンス」誌は福島県沿いの海底で獲れた魚の組織からは依然として日本政府の定めた基準値を超えるセシウムが蓄積されており、原発近海の水中へは未だに放射性同位体が流れ込んでいる事実が裏付けられる。
 基準値を超える高濃度の放射性セシウムは青森県のいくつかの洲、長野、静岡など原発から数100キロ離れた場所でも観測されている。日本の基準値だとキノコの場合1キロあたり100ベクレルが上限となっているが、第1位原発から350キロも離れた地点でさえ、これだけの量が検出されている。前出の県ではキノコの採集、販売が禁じられた。    
 原発事故後、半年をへた時点でセシウムの放射性同位体が見つかったのは福島県の洲に限定されていたにもかかわらず、なぜ今回事故の後1年半もたって、福島から離れた県の洲でも放射性同位体が検出されたのか、今のところ研究者らはその原因を分かりかねている。
 ベラルーシではチェルノブイリ原発事故後、国土の20%にあたる森林地帯、農地が放射性物質によって汚染されている。
 ベラルーシ科学アカデミー、放射性生物学研究所、放射線環境学実験室に上級研究員として勤務するナタリヤ・シャマリ氏はVORからのインタビューに答え、これはいわゆる放射性物質の地域限定的な飛び火現象だとして、次のように語っている。
 「放射性物質の沈殿はかならずしも事故原発周辺地域で起きるわけではありません。チェルノブイリから600キロ以上離れたブリャンスク州の放射能汚染は何が原因と説明できるでしょうか?それに南極のペンギンからも放射性物質が検出されましたが、これは何と関連づけることができるでしょう? こういった現象は放射性物質が雨風によってコントロールを超えて拡散した例といわれるものです。チェルノブイリ原発事故後の放射能汚染地図を見ると、非汚染地域のなかに汚染地域やより高濃度の放射線物質が蓄積された地点が点々と存在しているのがわかります。
 魚の汚染ですが、放射性物質は水底に蓄積されるのです。ですから水の流入が少ないほど、放射性物質の汚染度は高くなる傾向があります。最も汚染度が高いのは湖、川でそれにつづいて海となっています。というのも海には大量の水が流れ込むため、濃度が極度に薄まるからです。」
 こうした食物が人体に入った場合、どれほどの危険度があるのだろうか?
 「放射線同位体についてはセシウム、ストロンチウムなど、それぞれの国が独自の基準を定めています。これにプルトニウムのような超ウラン元素を加える国もあり、含有量を調べる食物の種類も様々です。
 原則として体内に入った場合のセシウムの半減期は短く、200−300日とされています。これは半減期が18年にも及ぶストロンチウムに比べると短いといえます。これがキノコに蓄積されたとしても、キノコは毎日食べるわけでも生で食べるわけでもありません。加工の段階で洗い、水に漬けたりしますから、出来上がった段階ではセシウムの量は減ります。これに比べ魚は基準量を大幅に上回った場合は絶対に食してはなりません。」
 日本では魚が食卓に欠かせないが、ベラルーシではキノコを出さないことは考えられない。福島第1の解体、撤去作業を完了するには約40年の歳月が必要とされる。このことからベラルーシ、ロシア、ウクライナの研究者らの経験は日本にとってはとても貴重なものとなりうるのではないか。http://japanese.ruvr.ru/2012_11_22/nihon-fukushima-houshasenryou-kyoui/より転載

「終息」していないのはもちろんのこと、「収束」すらしていない。にもかかわらず、セメントの原料として福島県内の3つの火力発電所で出た石炭灰を搬入するという見識は何を根拠にしているのだろうか。「福島第一原発付近の自然堆積物における放射線量が減っていない」とする海外の主張へ対し、科学的に反論できる根拠を何も持ち合わせていない国・日本。
福島の石炭灰 搬入再開へ
(NHK 11月22日 23時49分)
 北斗市の太平洋セメント上磯工場は、原料に使っていた福島県内の火力発電所で出た「石炭灰」の搬入を東日本大震災のあと見合わせていましたが、放射性物質の濃度が検出限界の値を下回る状態が続き安全性に問題がないとして搬入を再開することを決めました。
 北斗市の太平洋セメント上磯工場では平成10年から福島県内の3つの火力発電所で出た石炭灰をセメントの原料に使ってきました。その後、震災で発電所が被災して運転を一時、停止したほか、福島第一原子力発電所の事故を受け、石炭灰の安全性が確認されていないとして搬入を見合わせていました。
 太平洋セメントによりますと、これらの火力発電所から出た石炭灰に含まれる放射性セシウムの濃度がこの半年以上にわたり、検出限界の値を下回り、道も安全性に問題がないことを確認したとして搬入を再開することを決めました。
北斗市の太平洋セメント上磯工場では、火力発電所から石炭灰の受け入れの要請がありしだい、搬入を再開することにしています。http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20121122/3700861_20121122234903_e7a68fe5b3b6e381aee79fb3e782ade781b020e690ace585a5e5868de9968be381b8.htmlより転載)

本件に関して、地元の北海道議会は危機意識を持ち、搬入反対の決議を知事へ提出し、搬入を阻止してもらいたい。太平洋セメントの前身である小野田セメントは、渋沢栄一(1840〜1931)により創設された。彼は著書である『論語と算盤』に以下のように記した。
事柄に対し如何にせば道理にかなうかをまず考え、しかしてその道理にかなったやり方をすれば国家社会の利益となるかを考え、さらにかくすれば自己のためにもなるかと考える。そう考えてみたとき、もしそれが自己のためにはならぬが、道理にもかない、国家社会をも利益するということなら、余は断然自己を捨てて、道理のあるところに従うつもりである。

「道理のあるところに従う」ことをなさっていただきたい。これには見識を超えた「胆識」が必要だ。


閑話休題(それはさておき)


1970年の今日11月25日は、世界的に知られた日本の作家で氣が狂ってしまった三島由紀夫(1925年1月14日〜1970年11月25日)が割腹自殺した日である。彼の死は前年1969年2月11日の建国記念の日午後11時40分、国会議事堂前にある憲政記念館脇の内堀通りの歩道上でガソリンをかぶって焼身自決した江藤小三郎氏の行動に誘発されたと言われる。焼身自殺者は酒や薬を飲むものだが、血液検査の結果、彼からは酒も薬も出てこなかった。彼の自決には、世を警め同胞の覚醒を促す目的があった。明治維新の功臣・江藤新平の曾孫として横浜市金沢区六浦に生まれた彼は、行年23歳で昇天なさった。遺書「覚醒書」を残している。

覚醒書

混沌たる世界、暗雲立籠む皇国。自然科学におかされ地獄道に落ちし民族。
これを救う道、一事に極む。これ大自然に沿いし無私の心なり。無私の心、真我に通ず。真我集へば破るる事なし。国の大事、すべて無私より始まる。
ここに氣付き行えばあとは康し。

一皇万民、天皇の許に真我が集う時、皇国毅然として興る。皇子皇民、一丸となり熱鉄玉を呑む勢いにて行えば世界万民を救う道をなすこと難くなし。我、神命により不生不滅の生を得む。ここに肉体を放棄し永遠の生命を得む。
我「建国の日」に魂魄となりて、民族の危機にあたるものなり

昭和四十四年二月十一日

辞世

あらあらし 空にこみとり大楠の 大御心を誰ぞ知るらん

かくすれば かくなるものと知りつつも やむにやまれぬ 大和魂

今、私たちは変革を担う過程にいることに目覚めたい。現在の軍事力とマネーを背景にした世界支配者たちの権威に隷従する必要のない流れを世界に示したい。江戸幕府に対する倒幕運動に始まり、明治政府による天皇親政体制の転換とそれに伴う一連の改革の最中に、日本人は民を豊かにするためにはたらく神々の子であることを忘却させられてしまった。列強(powers)に乗っ取られた明治維新から日本が復興することは、世界を照らす日が東から改めて昇るということである。日本人のミーム(meme)に氣づき、目覚め、未来を描くことですべてが変わる。

ドーキンス(Clinton Richard Dawkins; 1941年〜)は、「生物は遺伝子によって利用される"乗り物"に過ぎない」という比喩表現で世界を驚かせた『The Selfish Gene(利己的な遺伝子)』の著者として知られる。彼は1982年に書いた『The Extended Phenotype(延長された表現型)』で「ミームとは心の中の情報単位であり、その複製が他の心の中にも作られるようにさまざまなできごとに影響を及ぼしてゆく」と定義した。遺伝子が精子と卵子を通じて人から人へと広まって行くのと同様、ミームは心から心へと移り広がって行く。

強い者に従って生きていれば間違いは起きないと思っていたり、流行に乗り遅れなかったことに自己満足してしまう方は、海外の商売人たちによって利用される"乗り物"に成り下がってしまう前に、日本人のミームである「大和魂」=「大いなる和魂(にぎみたま)」に氣づきたい。

感謝

ウィンストン・チャーチル(Winston Churchill:1874〜1965)は、勇氣に関した名言を残してくれた。

Without courage, all other virtues lose their meaning.
(勇氣がなければ、他のすべての資質は意味をなさない)

Courage is what it takes to stand up and speak; courage is also what it takes to sit down and listen.
(勇氣とは、立上り声を上げることである。勇氣とはまた、座して拝聴することでもある)

週のはじめに考える 私たちを侮辱するな
(東京新聞 社説 2012年11月18日)
 見出しの「侮辱」とは極めて強い言葉です。ひどい扱いを受けた者の発する言葉です。政治にせよ、原発にせよ、私たち国民は、侮辱されてはいないか。
 手元に一通の手紙があります。学校で国語を担当されていた元先生からです。この夏、東京であった脱原発の市民集会に出かけた時のことが記されていました。
 こんな内容です。

 …何人もの演説の中、一番心に響いたのは作家の大江健三郎さんが述べた「私たちは侮辱の中に生きている」という言葉でした。

◆大江さんのスピーチ
 その言葉は、大江さんも紹介していたそうですが、福井生まれの昭和の作家、中野重治の短編小説にある文句です。中野はプロレタリア文学で知られ、大戦前の思想統制では自身も激しい国家弾圧に遭っています。
 その短編小説は、昭和三(一九二八)年、全日本無産者芸術連盟(略称ナップ)の機関誌に掲載された「春さきの風」。検挙された同志家族をモデルにしています。
 思想をとがめられた検束で父とともに母と赤ん坊も警察署に連行される。その赤ちゃんの具合が悪くなる。ろくな手当ても受けられずに亡くなってしまう。母親はもちろん医師を頼みましたが、無視された。理由のない平手打ちを受けるばかり。
 小説はそれらの動きを、きびきびとした文体で描き、最後は母親が留置場の夫に手紙を書く場面で締めくくられます。
 母親は砂を巻く春風の音の中、死んだ赤ん坊はケシ粒のように小さいと思う。そしてこう書く。

 「わたしらは侮辱のなかに生きています。」(「中野重治全集第一巻」筑摩書房より)

 中野重治が実体験として記した侮辱という言葉、また大江さんが原発に反対する集会で引いた侮辱という言葉、その意味は、もうお分かりでしょう。

◆デモクラシーの軽視
 権力が民衆を、国家が国民を、ほとんど人間扱いしていないのではないかという表現にちがいありません。
 つまり倫理違反なのです。
 先日、東京電力は、原発事故時のテレビ会議記録を新たに公開した。二回目の公開です。
 その中に自家用車のバッテリーを集めるというやりとりがありました。原子炉の圧力が上昇し、蒸気逃がし弁を動かすためバッテリーをつないで電源を確保しようというのです。しかも足りなくて買うお金にも困る。
 備えも何もなかったわけですから、社員らの苦労も分かります。しかし、これを知った福島の被災者らはどう思ったでしょう。
 東電も国も、その程度の取り組みと真剣さしかなかったのか。住民の守り方とはそのぐらいのものだったのか。言い換えれば、それは侮辱に等しいでしょう。
 侮辱は継続しています。しかもデモクラシー、民主主義の軽視という形で。
 原発で言えば、大飯の再稼働はろくな検証もなく、電気が足りなくなりそうだという理由だけで決まりました。国民の安全がかかわる問題なのに、これほど非民主的な決定は前例がないでしょう。
 沖縄へのオスプレイ配備も、米兵事件に対するその場しのぎの対応も侮辱にほかなりません。国家が人間を軽視しているのです。
 原発から離れれば、一票の格差を放置してきた国会とは、デモクラシーの不在も同然です。立法府だけではなく、最高裁が「違憲状態」と判示しつつ、違憲であると踏み込めなかったことは、憲法の番人としての責務を果たしえたか。疑問は残ります。
 今の政治には、ほとほとあきれたと多くの人が口にします。それはおそらくはデモクラシーの軽視に起因していることで、国民は自分の権利の蹂躙(じゅうりん)を痛々しく感じているのです。政治に侮辱されていると言ってもいいでしょう。
 その状況を変えるには、何より変えようという意思を各人がもつことです。デモや集会はその表れの一つであり、選挙こそはその重要な手段です。


◆戦うべき相手はだれ
 冒頭の国語の先生の手紙は今、自分の抱える恐ろしさをこんなふうに表していました。

 …(中野重治の)戦前と違って現代は戦うべき相手の姿が明確に浮かび上がらない分、かえって恐ろしさを感じます…。

 戦うべき相手は広範で、しかも悪賢く、しっぽすらつかませないかもしれません。政財官などにまたがる、もやもやとした霧のようなものかもしれない。
 しかし、こう思ってその相手を見つけようではありませんか。一体だれが私を侮辱しているのか、と。私たち自身の中にそれは忍び込んでいないか、と。投票の前に見つけようではありませんか。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012111802000111.htmlより転載


Kites rise highest against the wind, not with it.
(凧は風に立ち向かったときに最も高く飛び上がる。風の力に従った時ではない)

今、風に立ち向かう勇氣が必要だ。

大きな笑顔の良き週日を

感謝

天海僧正(1536〜1643)は、天台の教義に詳しく、家康に信任された。南光坊天海、智楽院とも呼ばれる。大僧正で諡号は慈眼大師。徳川家康の側近として、江戸幕府初期の朝廷政策・宗教政策に深く関与した。黒衣の宰相と言われる。家康昇天の後は、二代将軍・秀忠と三代将軍・家光に仕えた。

ある日のこと。将軍・家光の前で柿を賜った。天海が食べた柿の種を丁寧に懐に入れるのを見て、家光は「どうするのだ」と聞いた。彼は、「持ち帰って植えるのです」と答えた。家光は、「百歳になろうという年寄りが無益なことをする」と言った。すると、「一天四海を知ろしめなさるお方が、そんな性急なお考えを持ってはいけません」と返答した。

数年後、天海は柿を器に盛って家光に献上した。彼が「どこの産物か」と尋ねると、天海は「先年拝領しました柿の種が生長して実をつけました」と語った。


閑話休題(それはさておき)


世界を代表する自動車港湾といえば、名古屋港、ドイツ・ブレーマーハーフェン港、ベルギー・セヴルージュ港ともうひとつ。さぁ・・・どこでしょう?


三河港です!


港湾管理者は愛知県で、エリアは愛知県東部の三河湾・渥美湾奥にある豊橋市・田原市・蒲郡市・豊川市にわたる。三河港は平成15年5月に「国際自動車特区」として認定されていて、自動車流通機能を高めるとともに、自動車関連技術の研究開発を促進し、自動車メーカーの集積を目的として、国際自動車産業都市の実現を目指している。
輸入車陸揚げ拠点整備へ 鈴与、豊橋・三河港に
(静岡新聞 2012/11/ 2 09:38)
 鈴与は12月、豊橋市の三河港にある社有地で、フランス自動車大手プジョー・シトロエン・グループ(PSA)の日本での陸揚げ拠点となる「新車整備センター」の建設を始める。センター完成後、PSAは陸揚げを千葉港から三河港に移転させる。豊橋市が1日、明らかにした。
 鈴与は10月31日、PSAの日本法人「プジョー・シトロエン・ジャポン」(東京都)と新車整備センター稼働に向けた契約を締結した。モータープールとして使っている約3万8千平方メートルの社有地を充てて、受け入れ態勢を整える。
 センターは車両整備や品質チェックを担う施設で、来年6月に完成する予定。年間の輸入台数は1万2千台を見込む。三河港には現在、フォルクスワーゲン(ドイツ)、ボルボ(スウェーデン)、フィアット(イタリア)の3グループが陸揚げ拠点を構えている。
 豊橋市港湾活性課によると、2011年に輸入された外国車29万1306台のうち、三河港に陸揚げされたのは13万1435台。三河港振興会は11年から、輸入車1台につき千円を補助する「新規輸入自動車助成金制度」を創設して誘致を進めている。http://www.at-s.com/news/detail/474538337.htmlより転載

プジョー・シトロエン 三河港に輸入車拠点
(読売新聞 2012年11月2日)
千葉から業務移設へ
三河港神野地区
豊橋市は1日、総合物流会社「鈴与」(静岡市)とフランスの自動車会社の日本法人「プジョー・シトロエン・ジャポン」(東京)が、三河港の神野地区で新車整備センターを稼働させることが決まったと発表した。契約締結は10月31日付。
 年間1万2000台見込む
 発表によると、鈴与が同市神野西町で現在、カープールとして使用している自社用地に新車整備センターを建設し、プジョー・シトロエン・ジャポンが、輸入されたプジョーやシトロエンの完成車の整備業務を行う。12月に着工し、来年6月に完成の予定で、年間約1万2000台が輸入される見込み。
 プジョー・シトロエンは1988〜2002年に同港を利用し、2001年のピーク時は1万4000台が陸揚げされていた。現在は千葉港で行っている業務を三河港に戻すことになる。
 同港では昨年度、輸入車1台につき1000円を助成する新規輸入自動車助成金制度を創設し、2件目の適用となる。
 同港にはフォルクスワーゲン、フィアット、ボルボの3グループが輸入拠点を置いており、同市は、プジョー・シトロエンの復帰で国内の輸入車の5割以上が三河港を経由することになるとみている。 http://chubu.yomiuri.co.jp/news_kan/kan121102_4.htmより転載

インテリジェンスある種を蒔いた結果である。

参照:愛知県三河港務所


日本では昨日16日に衆議院を任期途中で解散し、議員の資格を失わせ、40日以内に当たる12月16日に衆議院議員総選挙を行う。ゴラン高原では1974年に兵力引き離し協定が成立後、11日に初めてイスラエル軍がシリア側にミサイルを発射し、緊張が高まっている。
日本国憲法 前文の一部(1946年11月3日公布)

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


今風に言えば。「国際平和特区」たらんとした日本国ではあった。

先の大戦から得た教訓を活かしたい。このままでは、この前文に認(したた)められた反省を後世の歴史家に「敗戦当時の空氣に反応したに過ぎない」と記されてしまいかねない。『全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成する』と誓ったことを思い返したい。

どんな種を蒔いて、『平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたい』と願い、それを実現するのかも選挙の争点としたい。

種を植えて、実がなるまで待つ。
それは、一天四海すなわち天下・全世界を治める政治のインテリジェンスである。

天海僧正が柿の種を懐に入れた瞬間、柿を献上するという未来が創られた。


輝く笑顔の静かな週末を

感謝

このページのトップヘ