流れのままに

流れのままに おのが道をゆけ ひたすらに ひたむきに

二〇一六年睦月


天皇皇后両陛下 フィリピンご訪問時のおことば
・・・・・・(引用開始)
平成28年1月26日(火)
フィリピンご訪問ご出発に当たっての天皇陛下のおことば(東京国際空港)

 この度,フィリピン国大統領閣下からの御招待により,皇后と共に,同国を訪問いたします。
 私どもは,ガルシア大統領が国賓として日本を御訪問になったことに対する答訪として,昭和37年,昭和天皇の名代として,フィリピンを訪問いたしました。それから54年,日・フィリピン国交正常化60周年に当たり,皇后と共に再び同国を訪れることをうれしく,感慨深く思っております。
 フィリピンでは,先の戦争において,フィリピン人,米国人,日本人の多くの命が失われました。中でもマニラの市街戦においては,膨大な数に及ぶ無辜のフィリピン市民が犠牲になりました。私どもはこのことを常に心に置き,この度の訪問を果たしていきたいと思っています。
 旅の終わりには,ルソン島東部のカリラヤの地で,フィリピン各地で戦没した私どもの同胞の霊を弔う碑に詣でます。
 この度の訪問が,両国の相互理解と友好関係の更なる増進に資するよう深く願っております。
 終わりに内閣総理大臣始め,この訪問に心を寄せられた多くの人々に深く感謝いたします。
・・・・・・
平成28年1月27日(水)
フィリピン大統領閣下主催晩餐会における天皇陛下のご答辞(大統領府)

 貴国と我が国との国交正常化60周年に当たり,大統領閣下の御招待によりここフィリピンの地を再び踏みますことは,皇后と私にとり,深い喜びと感慨を覚えるものであります。今夕は私どものために晩餐会を催され,大統領閣下から丁重な歓迎の言葉をいただき,心より感謝いたします。
 私どもが初めて貴国を訪問いたしましたのは,1958年12月,ガルシア大統領御夫妻が国賓として我が国を御訪問になったことに対する,昭和天皇の名代としての答訪であり,今から54年前のことであります。1962年11月,マニラ空港に着陸した飛行機の機側に立ち,温顔で迎えて下さったマカパガル大統領御夫妻を始め,多くの貴国民から温かく迎えられたことは,私どもの心に今も深く残っております。この時,カヴィテにアギナルド将軍御夫妻をお訪ねし,将軍が1898年,フィリピンの独立を宣言されたバルコニーに将軍御夫妻と共に立ったことも,私どもの忘れ得ぬ思い出であります。
 貴国と我が国の人々の間には,16世紀中頃から交易を通じて交流が行われ,マニラには日本町もつくられました。しかし17世紀に入り,時の日本の政治を行っていた徳川幕府が鎖国令を出し,日本人の外国への渡航と,外国人の日本への入国を禁じたことから,両国の人々の交流はなくなりました。その後再び交流が行われるようになったのは,19世紀半ば,我が国が鎖国政策を改め,諸外国との間に国交を開くことになってからのことです。
 当時貴国はスペインの支配下に置かれていましたが,その支配から脱するため,人々は身にかかる危険をも顧みず,独立を目指して活動していました。ホセ・リサールがその一人であり,武力でなく,文筆により独立への機運を盛り上げた人でありました。若き日に彼は日本に1か月半滞在し,日本への理解を培い,来る将来,両国が様々な交流や関係を持つであろうと書き残しています。リサールは,フィリピンの国民的英雄であるとともに, 日比(にっぴ)両国の友好関係の先駆けとなった人物でもありました。
 昨年私どもは,先の大戦が終わって70年の年を迎えました。この戦争においては,貴国の国内において日米両国間の熾烈(しれつ)な戦闘が行われ,このことにより貴国の多くの人が命を失い,傷つきました。このことは,私ども日本人が決して忘れてはならないことであり,この度の訪問においても,私どもはこのことを深く心に置き,旅の日々を過ごすつもりでいます。
 貴国は今,閣下の英邁(えいまい)な御指導のもと,アジアの重要な核を成す一国として,堅実な発展を続けています。過ぐる年の初夏,閣下を国賓として我が国にお迎えできたことは,今も皇后と私の,うれしく楽しい思い出になっています。
 この度の私どもの訪問が,両国国民の相互理解と友好の絆を一層強めることに資することを深く願い,ここに大統領閣下並びに御姉上の御健勝と,フィリピン国民の幸せを祈り,杯を挙げたいと思います。
・・・・・・(引用終わり)
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/speech/speech-h28e-philippines.html#280127

29日に、マニラ郊外のカリラヤにある日本政府の慰霊碑を訪れ、先の大戦の戦没者51万人を慰霊なさった。同様に、この滞在中、フィリピン側の戦争犠牲者111万人も追悼された。このご訪問で、天皇皇后両陛下は、日本とフィリピン両国の友好親善と戦没者162万人の慰霊を果たされた。本日(30日)夕方、ご帰国なさる。


大きな笑顔の佳き週末を   感謝

関連記事: 流れのままに「日の本」(2014年03月20日)
参考: NGOフィリピン戦没者慰霊碑保存協会サイトより
 第二次世界大戦の激戦地の一つフィリピンは、日本国内を除く主要戦域では最大の日本人戦没者を数え、その数は推定52万人とも言われています。
 終戦後、日本から何度も遺骨収集団がフィリピンに行きましたが、すべての遺骨を収集できないまま、未だ多くの英霊が取り残されたままになっています。
 このような中、日本人生還者や戦没者のご遺族の方々が、フィリピンに日本人戦没者の慰霊碑を建立しようとしたとき、フィリピンの人々は自らも戦争において約120万人もの犠牲者が出ているにもかかわらず、慰霊碑建立に快く協力して下さいました。
 建立された当初は、毎年のように巡拝に訪れる方々がいましたが、年を経るにつれ、日本の関係者の方々の高齢化が進み、慰霊碑への巡拝は少なくなってきています。訪問者がいない慰霊碑は雨風にさらされ手入れもされず、やがて朽ち果てて崩壊し、忘れ去られてしまいます。
 このような状況を知り、このままでは祖国の平和や大事な家族や友人を守るために戦争で亡くなっていった人たちが忘れ去られてしまい、現在平和であるありがたみや先人への感謝が薄らいでいってしまうと思い、フィリピンの在留邦人や日系人団体の有志が集まり、終戦から60年目の2005年5月、「フィリピン戦没者慰霊碑保存協会」を設立し、フィリピン各地の慰霊碑の調査と保存を目的に活動していくこととなりました。

世のため、身のため、人のために働いていると、
我(が)は消えて自然に光が流入する。

この光が身に入ると、
己が生まれもつ愛が再び鼓動を始め、
さらに、人さまのために働くようになる。

すると見えない力によって、激しい早さで人生は動き、
己が仕事(奉納)のありかたが見えてくる。
このときに、この世に生まれてきた意味も見えてくる。

こうして個有の社会活動ができるようになると、
これが人さまに感動を与え、
己が魂はうれしい、たのしい、しあわせを感じる。
この喜びこそ、天地人をいやす最高のヒーリング。

私たちの言動や想念が地球の今後を左右する。

天意を知り、人さまを愛し、感謝の氣持ちで笑顔の日々を過ごしたい。


関連記事:流れのままに 「自分の力を超えたもの=運命」(2009年12月10日)

(引用開始)・・・・・・
「冷戦体制」の温存 トロント大教授・米山リサさん 
(東京新聞 2016年1月14日【言わねばならないこと】63)
 安倍晋三首相が昨年四月に米議会で演説し「先の大戦」への反省を表明した。しかし、アジアでの侵略や植民地支配には触れなかった。これは、米国重視、アジア軽視という七十年前の歴史認識と変わらない。
 「慰安婦」問題をめぐる年末の「日韓合意」も、当事者不在の国家間処理という点で、日韓政府が請求権問題は「完全かつ最終的に解決した」とする協定を結んだ五十年前の躓(つまず)きの亡霊を見るかのようだ。
 米国が中国・ソ連と覇権を争う中で旧植民地支配の仕組みを引き継ぎ、その米国に日本は付き従うという冷戦レジーム(体制)が温存されている。米国は中ソに対抗するために日本の再軍備化を急いだ。日本は核の傘への批判を控え、沖縄には基地という負担を課してきた。米軍と自衛隊の一体化を進める特定秘密保護法や安全保障関連法も、その延長線上にある。首相は「戦後レジームからの脱却」というが、むしろ戦後の冷戦体制を完結させつつある。 今回の日韓合意を米国は高く評価した。米国が日本に和解を勧めるのも、自衛隊に米軍の肩代わりをしてもらうには、アジアの同盟国の理解が必要と考えているからだ。
 歴史認識の問題で日本は謝罪の姿勢さえ示せば、和解できるとしてきた。だが、謝罪は一方的に押しつけるものでない。女性国際戦犯法廷(二〇〇〇年)で中国の元慰安婦の女性が「日本に赦(ゆる)しを請うてほしい」と訴えた。日本政府は「赦してくれ」と言ったことはあるのか。
 当時、主要メディアは萎縮し、この法廷をほとんど伝えなかった。戦前・戦中の検閲も「勘ぐれ、おまえ」という自己検閲だった。侵略の過去を振り返らない民主主義は、他者を抹殺する攻撃的なナショナリズムに直結する。ジャーナリズムはそこを見定めてほしい。
トロント大教授・米山リサさん 
<よねやま・りさ> 1959年生まれ。トロント大学教授。専門は日米文化研究。著書に「暴力・戦争・リドレス」など。カナダ在住。http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/himitsuhogo/iwaneba/list/CK2016011402000209.html
(引用終わり)・・・・・・

慰安婦問題をめぐる合意は非民主的であるとする米山教授は、慧眼の士だ。

女性国際戦犯法廷は、2000年12月7日から12日にかけ東京で行われた「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク(VAWW-NETジャパン) を中心とする団体で構成された民間の運動(民衆法廷)。「日本軍性奴隷制を裁く2000年女性国際戦犯法廷」という副題を持ち、昭和天皇、安藤利吉、畑俊六、板垣征四郎、小林躋造、松井石根、寺内寿一、東條英機、梅津美治郎を被告人と位置づけ、昭和天皇は有罪と結論(2001年・オランダ)を出した。 しかし、この模擬裁判には被告人も弁護人も登場しなかった。被害国は韓国・フィリピン・中国・台湾・北朝鮮・インドネシアで、加害国は日本のみ。中国とソ連を加害国に入れないのは偏っている。いかに多くの日本女性が彼らにレイプされたことか。この民衆法廷の「判決」には法的拘束力がないのだが、韓国政府は慰安婦問題の賠償を求める根拠としているそうだ。ここを主要メディアは委縮せずにシッカリと伝えてほしかった。

過去の日本政府には、慰安婦問題を外交ラインに乗せない知恵があった。2007年3月に解散した「女性のためのアジア平和国民基金」の償い金支給事業がそれ。元「慰安婦」に対する補償(償い事業)、および女性の名誉と尊厳に関わる今日的な問題の解決を目的としたこの組織は、事務局運営費が政府負担で、「償い金」を国民から集めるという方式をとった。それは、日本人の元慰安婦や元看護婦、恩給年限に満たない兵士、東京大空襲等の民間人被害者に対して、日本政府による公式の補償がなされていないことが背景にあったと言われる。

関連記事:流れのままに「氣の毒なこと」(2012年9月4日)

さあ、大きな笑顔で邪氣を払って参りましょう。  感謝

このページのトップヘ