流れのままに

流れのままに おのが道をゆけ ひたすらに ひたむきに

二〇一六年長月

天皇陛下(平成28年9月21日)
皇居内の水田でお稲刈りをなさる天皇陛下(平成28年9月21日)

政府関係者が使った「落とし前」という言葉は、元来、香具師(テキ屋)の間で使われていた隠語。露店の商品の値段について客と話をつけることをいった。「落とす」は決着させるの意、「前」は分け前の「前」と同じく金額の意で、「決着させる金額」というのが「落とし前」の原義。転じて、もめごとなどの仲に立って「話をつけること」になり、さらに転じて、失敗や無礼などの「後始末をつけること」を指すようになった。 「政府関係者」とは官房副長官又は総理秘書官等を指すと思われる。今上陛下に習って、彼らには言葉を選んで、善き言葉を使い、善き思いを以て、善き行いをしてもらいたい。
官邸、宮内庁にてこ入れ=お気持ち表明で不満
(時事 2016/09/25-14:46)
 宮内庁長官の風岡典之氏が26日付で退任し、山本信一郎次長が長官に昇格、後任の次長には西村泰彦内閣危機管理監が就任する。天皇陛下のお気持ち表明に至る過程で、宮内庁の対応に不満を持った首相官邸が、人事でてこ入れを図ったようだ。
 宮内庁幹部の異動は春が通例で、風岡氏も当初は来年3月末まで務めるとみられていた。政府関係者は、退任が早まった理由について「お気持ち表明に関し、誰かが落とし前をつけないと駄目だ」と語った。
 陛下の生前退位のご意向が官邸に伝えられて以降、杉田和博官房副長官らは、退位の自由は憲法上認められていないと判断し、負担軽減策の検討を進めていた。そうした中で陛下のお気持ち表明の動きが表面化した。官邸は宮内庁に対し、「陛下が思いとどまるよう動くべきだった」(関係者)と辛口評価だ。
 宮内庁次長には、事務次官経験者が各省の顧問などを経て就任する例が多く、西村氏の「官邸直送」は異例。警察出身者の起用は22年ぶりで、同じく警察出身の杉田氏の意向が反映されたとの見方がもっぱらだ。西村氏は、来月から始まる「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の事務局に宮内庁を代表して参加する。 
 ただ、官邸サイドの思惑通りに事態が進むかは不透明だ。安倍晋三首相は政府内の検討について「期限ありきではない」としているが、風岡氏は21日の記者会見で「できるだけ優先的に対応していただきたい」と述べ、ことさら検討をせかした。別の政府関係者は「人を代えたらうまくいくとは限らない」との見方を示した。

お気持ち「優先的対応を」=生前退位で宮内庁長官
(時事 2016/09/21-20:59)
 宮内庁の風岡典之長官は21日の定例記者会見で、天皇陛下が先月、生前退位の意向を示唆するお気持ちを表明されたことに関し、「これから主に内閣官房での検討になるが、できるだけ優先的に対応していただきたい。速やかに検討が進むことを願っている」と述べた。
 風岡長官は報道各社の世論調査で、国民の多数が陛下の生前退位を容認していることに触れ、「多くの国民の理解を得られ、良かったと率直に思っている」と語った。

30年以上の歴史に幕…ロンドン漱石記念館
(日テレNEWS24 2016年9月25日 07:43)
ロンドン漱石記念館 イギリスに留学していた文豪・夏目漱石の資料が展示されている「ロンドン漱石記念館」が今月末、30年以上の歴史に幕を閉じる。
 「ロンドン漱石記念館」は、1900年から2年間にわたりロンドンに留学していた、漱石の名前が記された当時の国勢調査のコピーなど貴重な資料が展示されている。漱石の研究家・恒松郁生崇城大学教授が私費を投じて1984年に開館したが、毎年の赤字で、漱石没後100年となる今年を区切りに28日で閉館するという。
 来館者「ロンドンの留学時の歴史が詳しく書いてあるので勉強になる。(閉館と聞いて)残念ですね」
 恒松教授の妻・芳子さん(56)「よく30年続いたなと。これも夏目漱石の知名度と根強い人気のおかげ」
 過去には、皇太子さまや海部俊樹元首相らも訪れた記念館の資料は、今後、一般向けに展示される博物館などで活用される見通しだという。

 恒松さんは現在、熊本市にある崇城(そうじょう)大学の教授をしているため、ロンドンで記念館を運営しているのは妻の芳子さん。資料や漱石の人生について、館長の恒松さんや芳子さんからお話が伺えるのが、ここを訪れる醍醐味であった。開館までの経緯等については、恒松さんの『こちらロンドン漱石記念館』(中公文庫)を紐解くに限る。
 また彼は画集『The Colour of London』(1907年)によって成功した画家・随筆家の牧野義雄(1870年1月26日〜1956年10月18日)の研究者にして発見者である。牧野は漱石と同時期に留学していた。1921年に訪英した昭和天皇(当時皇太子)に謁見。第二次世界大戦激化のため帰国した。英国時代に懇意となった重光葵の援助を受け、重光家と共に日光に疎開。そのご縁で油絵や鉛筆画が湯河原の重光葵記念館にも展示されている。

 ブルー・プラーク (blue plaque) は、英国国内に設置されている銘板。著名な人物がかつて住んだ家、もしくは歴史的な出来事があった場所に、建物の歴史的なつながりを伝えるために設置され、建物の外壁に掛けられている。その人物を褒め称えることが目的ではないようだ。大きさは直径48センチメートル(19インチ)。漱石はブルー・プラークを得た最初の日本人である(写真)。
ロンドン漱石記念館
開館時間(最終日):11:00〜17:00 (最終入場は16:30)
入館料:大人£4 / 学生£3(要学生証提示)
住所:80B The Chase, London SW4 0NG

参考:ロンドン漱石記念館

ジム・ロジャース氏は、昨日、彼のブログで中央銀行に対して、手短に辛辣な診断(diagnostic)を下した。
Central Banks Are Losing Their Power, Huge Problems Ahead
(Monday, September 26, 2016)
Central Banks are losing their power. No matter where in the world you look, most of them have done all that they could and they are now losing their power and their credibility. Thank goodness.
The Central Banks we have now are disastrous. America has had three central banks, the first two disappeared, fortunately this one is going to disappear too because these guys are total imbeciles and they do not know what they are doing. They make mistake after mistake, after mistake, after mistake and eventually there is going to be a huge reaction, huge problems in the markets and the people are going to say, get rid of the central bank.
 
(拙訳)
 諸中央銀行は、その力を失っています。
 世界中のほとんどの中央銀行がなしえることをしました。そして、今、役割と信用を失いつつあります。気が付いて良かった。
 諸中央銀行は壊滅的です。合衆国には3つの中央銀行がありました。最初の2つは消えました。おめでたいことに、3つ目も消えてしまいそうです。なぜなら、そこの政策担当者たちがアホで、自分たちが何をしているか分かっていないからです。彼らは間違っても、間違っても、また間違いを繰り返しています。結果、巨大な反動(市場に大きな問題)が起こります。そして、私たちは中央銀行をなくしてしまえと言うに違いありません。
(以上)

中央銀行(連邦準備制度理事会)は洋梨(用無し)ですね!
FRB

このページのトップヘ