流れのままに

流れのままに おのが道をゆけ ひたすらに ひたむきに

二〇一七年睦月

MALWARE: 不正かつ有害な動作を行う意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称で、ウイルス・ワーム・トロイの木馬・スパイウェア・キーロガー・バックドア・ボットがある。

BULK COLLECT:1回のフェッチで複数の行を取得するSELECT文。データ取得が高速化される。フェッチはCPUの動作のうち、メモリから命令コード(インストラクション)を取り出して くる動作で、CPUの命令実行において最初に行われる。

FORALL:コレクションを使用してデータの複数行をすばやく変更するINSERT、UPDATE、DELETE。





このところ、MR__Robotを観ている。
シーズン1では、ハッカーチーム「f.ソサエティ」が金融データの破壊によってありとあらゆる借金・ローンを帳消しに富を再分配するという、前代未聞のソーシャル・エンジニアリングを描いている。金融データを保有する文明史上最大のEコープの情報統治能力は、防御の術なく、マルウエア(Malware)により奪い取られてしまった。テーマは「今の世の中は、データーや借金などに縛られて、生きている現実感がない」ということ。制作総指揮・脚本・監督はサム・イスマイル。彼は、多用なカットバック、時間軸の自由さ又はジャンプ、無機質で不安定な心理、その心理が創り出す虚妄世界への進入、人間関係と野望の交差となどを通じて、インターネットなくしては機能できない現代社会に警鐘を鳴らしながらも、本作を非常に面白いエンターテーメントに仕上げている。新しい才能を感じた。

スノーデン氏は2年間の日本滞在中にマルウエアをダム・駅・発電所・銀行などに組み込んだそうだ。日本国はいつでも、機能停止に追い込まれるのだろうか。ストーン監督はTBSのインタヴューで「日本は昔、持っていた主権を持っていない。合衆国の衛星国であり、人質です」と言うが、そんな事実は百も承知だ。すべては、ハーグ陸戦条約第43条『国の権力が事実上占領者の手に移った上は、占領者は絶対的な支障がない限り、占領地の現行法律を尊重して、なるべく公共の秩序及び生活を回復確保する為、施せる一切の手段を尽くさなければならない』を無視して、戦勝国であるアメリカ合衆国のニューディーラーたちの理想主義と主権国家としての日本を再起不能にする政治目標の成果物としての昭和憲法(マッカーサー憲法)に起因するということも知って欲しいと思った。これくらいのことは彼に教えてあげる親切さがTBSのインタヴュアーにあっても良かった。

ちなみに、三島由紀夫は文学者のセンスで昭和憲法について以下のように書き記した。
ここで口語文について、われわれの現代の文章にもっとも深い影響を与えている翻訳文のことを述べなければなりません。皆さんは終戦後のマッカーサー憲法の直訳である、あの不思議な英語の直訳の憲法を覚えておいでになると思います。それはなるほど日本語の口語文みたいなもので綴られておりましたが、実に奇妙な、醜悪な文章であり、これが日本国憲法になったというところに、占領の悲哀を感じた人は少なかったはずです。もし明治時代に日本が占領されていたとしたら、同じ翻訳であっても、綺麗な美文で綴られたことでありましょう。(『文章読本』 中公文庫 36頁)

最近、東京・赤坂のTBS社内に保管されていた「放送禁止」扱いの彼の録音テープが見つかり、報道された。その中で彼は「平和憲法は、偽善です。憲法は、日本人に死ねと言っているんですよ」と発言している。三島由紀夫は、私たち民衆が知らず識らず使ってきた「平和」という言葉が持つ音玉・言霊に胡散臭いものが付与(implement)されていることに氣づいていた。


閑話休題(ソレハサテオキ)。


世界を平和にしようと戦争をしている合衆国は、アメリカ・ファーストを標榜する新大統領が就任したことでセルフィッシュな子供のように幼い未発達状態の国家に成り果てるのではないかという危惧を抱かせる。しかしながら、就任演説でのトランプ大統領の「We've defended other nations' borders while refusing to defend our own.(今まで私たちは自国の国境を守ることを拒否する一方、諸外国の国境を守るという愚策を続けてきました)」、「The time for empty talk is over, now arrives the hour of action.(中身のない話をしている場合ではありません、実行の時が来たのです)」、そして「Today’s ceremony, however, has very special meaning. Because today we are not merely transferring power from one Administration to another, or from one party to another – but we are transferring power from Washington, D.C. and giving it back to you, the American People.(今日の式典はとても特別な意味があります。なぜなら、今日、私たちは単に、一つの政権から次の政権に、又は一つの政党から別の政党に移行するだけでなく、主権を首都ワシントンの政治から合衆国の民衆に取り戻すべく移行しているからです)」という宣言に耳を傾けると、合衆国の民主主義のダイナミズムを感じる。このスピーチライターは、トランプの風情を多少尊重しながらも、今までワシントンD.C.政府にヘジェモニー(覇権)を発揮してきた勢力に代わるトランプ氏を担ぎ出した勢力の意向を代弁しているようだ。

幸いにも、日本は彼の大統領就任によりTPPを阻止できた。TPPの発効不能は農家や農業団体にとっては福音であるのだから、マスコミにはTPPに反対してきた彼らを取材してもらいたい。「トランプ大統領、万歳!」と叫びたい方々が日本にはいるはずだが、マスメディアに彼らの声や顔が登場する日はいつになるのでしょうか。フェアな報道が待ち遠しい。

さて、合衆国新政権の閣僚として最初にマティス国防長官が、来月1日に合衆国を出発し韓国を経て、3日に東京を訪れる予定だ。先の大戦後のわが国と合衆国との関係は、「軍事」占領から始まった。この占領を終えるという政策オプションを彼らは用意しているだろうから、同盟国・友好国としての彼らの立場が天然所与のものとして今後も継続されるとは限らない。この占領終了の政策オプションに対し、わが政府にはオルタナティヴ・ヴィジョンを以て彼らの発言と行動をコントロールすべく適応していただきたい。それは主体的な決定のための選択肢を持つことであり、日本国の主権の発動である。ちなみに主権は内実を保証するものではなく、ある意味で頼りにならない権利であり、形骸化し儀式化しうる。主権者の見識と政治的力量に左右される所以。


大きな笑顔の佳き日々を    感謝

40年前の高校時代、生物部ではワラジムシの集合フェロモンの捕集を研究テーマとしていた。フェロモンとは生物が体外に放出して他個体に生理的影響を与える物質で、集合フェロモン、警報フェロモン、性フェロモンなどがある。生物部顧問の村元直人先生の薦めで、『細胞の社会 生命秩序をさぐる』(講談社ブルーバックス)や『試験管のなかの生命 細胞研究入門』(岩波新書)で知られていた京都大学の岡田節人教授に手紙を出した。教授は親切な返信をくださり、文通が始まった。集合フェロモン捕集の方法論などのアドヴァイスを受けると共に、私たち高校生は成果をあげるまで飽きることなく続ける力の大切さを教授から学んだ。ありがとうございます。
岡田節人氏が死去 再生医療の礎築く
(日経 2017/1/17 22:03)
 発生生物学の世界的な権威で、京都大名誉教授の岡田節人(おかだ・ときんど)氏が17日午前7時46分、肺炎のため京都市内の病院で死去した。89歳だった。告別式は近親者で行う。喪主は長男で京都大教授、暁生氏。
 兵庫県伊丹市出身。1950年に京都大を卒業後、理学部助手などを経て67年に教授に就任。専門は発生生物学。
 ニワトリの目の色素細胞を培養して水晶体に変わることを世界で初めて実証し、成熟した細胞は変化しないというそれまでの常識を覆した。こうした研究を基にiPS細胞などが開発され、現在の再生医療の礎を築いた。理化学研究所の竹市雅俊氏ら多くの研究者を育てた。2007年に文化勲章を受章した。

成果は格別な喜びを運んでくれる。生き物の基本に立つとき、人は自然を見る目と感受性を手にして、美しさを体感する。この美しさこそが成果であり、格別な喜びであった。

岡田節人教授のご冥福をお祈りいたします。
okada tokndo

合衆国では2006年1月から2016年7月の間に、物価上昇は21%だが、大学授業料及び関連費用は63%上昇した。学生ローンの残高の急増の一因はここにありそうだ。現在、大学生のローンの金利は4.29%。tuition stabilized(授業料の安定化・固定化)の選択もあったと思うが、あえて一定世帯年収以下の家庭の学生を対象としたのはローンを組む学生を減らす為だろうか。サンダース氏は、フィンランド・ノルウェー・スウェーデンなど世界の多くの国が全ての国民に無料大学を提供し、一昨年ドイツは学費制度を廃止し、今年チリも同じことを行なうと述べ、他の国が出来るなら合衆国に出来ないはずはないと指摘していた。ニューヨーク州の民衆とその支持を得たサンダースを始めとする政治家たちは、社会経済的な格差と貧困を政治政策によって是正しようとしている。合衆国には「自分さえ良ければ(他人はどうなっても)いいのだ」という強欲の資本主義を行動原理としてしまった人々が増えたのだが、その不条理を政治によって変えようとしている。今、私たち世界の民衆に必要なのは、極端な富の集中を防ぎ、世界の貧困を無くすことができる仕組みだ。そして、格差社会の改造を目指すアカデミシャンやクオモ知事とサンダース氏のような人物が現代の日本にはいるだろうかと顧みた。
ニューヨーク州 公立大学無償化を発表 全米で初
(NHK 1月4日 8時39分)
 アメリカのニューヨーク州は3日、全米で初めて公立大学の授業料を無償化すると発表し、学生が多額のローンを抱えていることが社会問題となる中、大統領選挙で民主党のサンダース上院議員が訴えた公約が実現すると注目を集めています。
 ニューヨーク州のクオモ知事は3日に記者会見し、全米で初めて州内にあるすべての州立と市立の大学の授業料を無償化すると発表しました。
 ニューヨーク州に住む世帯年収10万ドル(およそ1170万円)以下の家庭の学生が対象で、2年後にはおよそ1475万円以下まで拡大し、94万世帯が対象になるとしています。

 アメリカでは授業料の高騰によって、ニューヨーク州の学生ローンの平均残高がおよそ340万円に上るなど、多額のローンの負担が社会問題となっていて、去年の大統領選挙では、民主党のサンダース上院議員が授業料無償化を訴えて多くの若者の支持を得ました。
 記者会見でクオモ知事は成功するために大学教育は欠かせない。人材に投資し、将来の希望が実現できるよう支えると述べたほか、同席したサンダース氏も「この動きは全米に広がるだろう」と意義を強調しました。
 クオモ知事は年間190億円に上る財源は州の予算で賄い、州議会の承認を得て、この秋から無償化を進めるとしていて、サンダース氏の公約が実現すると注目を集めています。

NY州、公立大の授業料無料に 全米初
(日経 2017/1/4 23:47)
【ニューヨーク=平野麻理子】ニューヨーク州は3日、全米で初めて公立大学の授業料を無料にすると発表した。公立大学の無償化は2016年の大統領選で民主党候補を争ったバーニー・サンダース上院議員が公約として掲げていた。州議会の承認が得られれば今秋から実施する。米国では若者が進学のために借りる多額の学生ローンが社会問題になっている。
 同州によると、初年度の対象は年収10万ドル(約1170万円)以下の家庭で、計画では18年に11万ドル以下、19年には12万5000ドル以下に拡大する。対象は最大で100万世帯にのぼり、州予算で賄う追加経費は年1億6300万ドル程度になる見通し。具体的な財源は明らかになっていない。
 米国では大学や大学院の進学のため、学生自身がローンを組むのが一般的。これを利用すると平均3万〜4万ドルの借金を背負って社会に出ることになる。3日に会見したニューヨーク州のクオモ知事は現状を「足にいかりをつけて、レースを始めるようなものだ」と批判し、「ニューヨーク州は解決に乗り出す」と述べた。
 公立大学を無料にするのは16年の大統領選の民主党候補レースでヒラリー・クリントン氏と争ったバーニー・サンダース上院議員の目玉政策で、学生ローンに悩む若者を中心に人気を集めた。クリントン氏は当初実現性を疑問視していたが、本選で若者の支持を集めるために公約とした。
 学生ローンの残高は年々増加している。16年7〜9月期時点では約1兆3000億ドルで、10年前の3倍にまで膨らんだ。背景には大学の進学率の上昇や急激な学費の高騰がある。若者の間では学生ローンの返済が重荷となって結婚や出産、住宅購入にも遅れが出ており、経済成長の足かせになるとの指摘もある。
 州内で評価が高い公立大学であるニューヨーク州立大学やニューヨーク市立大学の場合、学費は年6000ドルを超える。無償化の対象外となる私立大学の学費はさらに高額で、平均で年3万ドル程度とされる。
 クオモ知事の3日の会見にはサンダース氏も同席し「革命的な案だ」などと称賛。その上で「ニューヨーク州が今年(無償化に)踏み出せば、多くの州が後に続くだろう」と予想した。
 しかし、多額の財源が必要となるため、財政状況が厳しい州では実現は簡単ではない。さらに今月就任するトランプ次期大統領は学生ローン問題に関心が薄いとみられ、連邦レベルでの改革は難しい状況だ。


閑話休題(それはさておき)


イランの放送局の報道。シリアを領土としたい隣国・イスラエルの思惑が見え隠れする。1967年の第3次中東戦争でイスラエルがシリアから奪い占領し続けるゴラン高原に隣接するティベリアス(ガリラヤ)湖はイスラエルにとって貴重な水源になっているため、土地の問題と共に水の問題がシリア・イスラエル間の交渉のポイントだと言われる(例えば、高橋和夫・放送大学教授)。国連は今もゴラン高原はシリアの領土だとしている。一昨年、シリアとイスラエにまたがるこのゴラン高原で石油埋蔵の発見があった。油層が350メートルで、通常の油層20-30メートルに比較して10倍の油層であることから多量の原油が埋蔵されているという。
アメリカ国務長官、「ISISの結成目的はシリア政権の打倒」
ケリー国務長官
(Pars Today 2017年01月08日16時36分)
 アメリカのケリー国務長官が、「アメリカは、シリアのアサド政権を打倒するためにテロ組織ISISを結成した」との異例の発言を行いました。
 英語のインターネットサイト、オフ・ガーディアンによりますと、ケリー長官は、シリアにおけるアメリカの主要な目的がアサド政権の打倒であるとし、「アメリカ政府は、この目的を果たすためにISISの結成を許可した」と語りました。
 また、「アメリカは、ISISの結成やこの組織の権力増大により、シリアのアサド大統領にアメリカの望む外交的な解決手段を見出させ、退陣に追い込むことを希望していた」とし、「アメリカは、この2つの目的達成のために、ISISの一部のメンバーを武装化した」と述べています。
 さらに、「アメリカ政府は、ISISがいつでもより強大化することを視野に入れていた」とし、「アメリカは、シリア政府がロシアに軍事支援を依頼するとは予想していなかった」としました。
 この報告によりますと、シリアの反体制派グループの代表者との会談における、ケリー長官のこの談話の音声ファイルは、これ以前にCNNやアメリカの新聞ニューヨーク・タイムズに公開されていましたが、アメリカのISIS支援に関するおよそ35分間の部分は、アメリカのメディアにより検閲、削除されていました。
 なお、内部告発サイト・ウィキりークスは、オバマ政権にISISが結成されたことに関する、アメリカの次期大統領トランプ氏の発言を認証し、昨年9月22日に行われたケリー長官のこの表明の音声ファイルを公開しています。


日本は、黒船が到来するまでの長きに渡り繁栄してきた。しかも、その繁栄のために世界のどこかの国や地域に損失を与えるようなことは一切なかった。これこそが、思いやりや優しさを統治の基底に置いた、明治以降忘れ去られてしまった、日本の仕組みの本質だと思う。世界平和の実現には、日の本の民として私たちはがこの仕組みをシッカリと世界の人々に伝える必要がある。2年後の2019年には、明治維新150年という節目を乗り越えた新しい時代を迎えるのだなぁ〜。そんなことを深夜に思ってみた。

グッド・ナイト

このページのトップヘ