流れのままに

流れのままに おのが道をゆけ ひたすらに ひたむきに

二〇一八年弥生

朝陽IMG_20180324_061433
朝陽には、人・鳥・草木・みんなを良い方向に向かわせるエネルギーがあります。
時々、ボーッと朝陽を眺めよう。そして、ゆっくりと目を瞑(つぶ)ろう。


旭ケ丘@2018.3.24.6:14:33


『蓼科高原と小津安二郎』 監督 井上和男 (2014/12/11 に公開)


(参照)
原節子さん、さようなら(2015年11月26日)
父ありき(2013年12月02日)
鎌倉の名優(2008年11月27日)
お茶漬けの味(2007年09月10日)
お茶漬けの味(2005年07月03日)


小沢一郎「自由党」代表、定例会見@2018.03.20
「反骨的なDNAが入っている」アテルイと自身について、小沢代表
(小沢一郎代表 定例記者会見 2015年6月30日@国会内)
小沢一郎20150703
阿弖流為(アテルイ)と小沢代表の政治的立脚点について
Q.
7月から新橋演舞場で『 阿弖流為(あてるい)』 という歌舞伎が上演されます。小沢代表の地元の歴史上の人物のことでご存知と思います。小沢代表が以前ある雑誌のインタビューで、ご自身の政治的な立脚点、出自として「阿弖流為(あてるい)」と同じで、どちらかと言うとエスタブリッシュからは距離を置いたところから出てきたと仰っていました。それは田中角栄さんも 、御父上の小沢佐重喜さんも同様にという趣旨のお話しでした。今でもそのお考えに変わりはないでしょうか。

小沢一郎 代表
A.
 何というか、歴史的にずっと考証してみても多分そうだと思う。人類学的には、日本の場合は、以前は縄文が先で東日本中心に、弥生が半島・中国から来てそこから弥生文化がどんどん日本全体に広がったというあれをとっていました。
 もともと縄文は、九州から北海道まで全部あったのです。その上に渡来の稲作その他もあるでしょうが、弥生文化もまたこれ全部その上に被さってきたというわけです。人類学的には日本人というのは、かなり以前に混血していますから、ある意味で皆同じだと思います。
 東北でもちょっとアイヌ民族は違います。蝦夷(えみし)蝦夷(えぞ)と呼ばれていたのは、蔑称なのです。俘囚とか色んなこと言われていて、大和朝廷の権力に伏さない連中をそう呼んでいたわけです。
 だから民族的には同じだと思うけれど、やっぱり東北というのは、かなり中央政府に属さないで経過した期間が多いですから。縄文以来の色んな文化的な色んなものを継承してきたかも知れない。
 明治以来もうほぼ150年。150年前にさえ、朝敵の汚名を着せられた我々はやられたわけだ。「白河以北」と言って、「白河以北 一山 百文」 と。原敬は「一山」とした。
 そういう意味でかなり明治以降、近代化の中でも非常にそういう意識が残ってきたのではないか。軍閥、行政官僚というのは、どちらかと言えば、ずっと薩長中心の人脈の中で来ましたから。やっぱりある意味、反骨的な、原日本人的なDNAは入っているかも知らんね。

参考:奥州市埋蔵文化財調査センター 『アテルイとは?』(所報28〜33号シリーズ「阿弖流為」) 
参照:
流れのままに 『オールドパー』(2012年07月23日)
流れのままに 『茶の間の目付』(2012年07月20日)
流れのままに 『火中の栗を拾う』(2012年06月27日)
流れのままに 『陽の光』(2012年04月27日)
流れのままに 『正邪曲直自分明 +α』(2011年10月07日)
流れのままに 『重陽の節句に』(2011年09月09日)
流れのままに 『715469』(2011年08月30日)
流れのままに 『小沢一郎は「天命に遊ぶ」』(2011年05月28日)
流れのままに 『真空(しんくう=Think)さま』(2010年09月04日)
流れのままに 『日本の喜劇』(2010年02月07日)


閑話休題(それはさておき)


FinTech(フィンテック)の国際会議「Moey 20/20」が今月13〜15日にシンガポールで開催された。「Money 20/20 ASIA」である。アジアで初めての開催となったが、シンガポールはフィンテックの世界的なセンターである英国に次ぐ世界第2のセンターと言っても過言ではない。昨年2017年5月30日付の報告書で、シンガポールの中央銀行であるシンガポール金融通貨庁(Monetary Authority of Singapore:MAS)はシンガポールドル(SGD)をブロックチェーン上でトークン化する試みである「Ubin Project」についてリポート。Ubin Projectは、分散型台帳技術の企業利用を研究するコンソーシアム「R3」、大手会計企業のデロイトとともにMASが検討したもの。これが実現すれば、SGDをモバイル端末等を通じて個人間(P2P)で直接送金することができるようになる。

仮想通貨の課題であるボラティリティ(価格の乱高下)の解消・決済時間の短縮・電気代の削減・発行母体の財務健全度の開示・マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ財源などの抑止・利用者の保護といったもを今後いかに早急に克服していくか、そこが問題だ。しかしながら、仮想通貨自体には問題はなさそうだ。

公的機関によって規制の枠組みを柔軟にしてフィンテックの開発と活用を促進するサンドボックス制度(Regulatory Sandbox)は、既に英国(2016年5月発表・2017年6月公表)・シンガポール(2016年11月発表・2017年3月公表)・豪州(2016年12月発表)・香港(2016年9月発表)・マレーシア(2016年10月発表)・タイ(2016年9月発表)・インドネシア(2016年9月発表)・UAE(2016年11月発表・2017年5月,10月公表)の8カ国で創設されている。サンドボックス制度を有する国家間での新技術確保・人材確保の競争が始まっていて、早急に対応しなければ、わが日本は新たな技術の社会実装に後れをとりかねない。(参考:『規制の「サンドボックス」制度について』 内閣官房日本経済再生総合事務局・平成29年11月8日)

Money 20/20 ASIAには、2016年4月1日に設立された日本銀行フィンテックセンター長(二代目)の河合祐子女史(1964年生)が参加していた。彼女は日本のRegulatory Sandbox について質問を受けたようだが、一般論としてその必要性を語ったのみであった。Regulatory Sandbox を有する国家間での新技術確保・人材確保の競争が始まっているにもかかわらず、日本企業は能力に見合った世界水準の報酬を人材に支払えなくなっている。一昨日20日、日銀は欧州統括役ロンドン事務所長に彼女を充てる人事を発表。阿弖流為(あてるい)のような原日本人的なDNAがある普通の日本人バンカーにご登場願いたいと思うのは私だけでしょうか。
Yuko Kawai
Head of FinTech Center, Bank of Japan
Yuko-Kawai
Yuko Kawai is the Head of FinTech center for Bank of Japan. The center aims to work as the information facilitation hub amongst practitioners, researchers and other related parties both outside of and within the Bank for FinTech and its associated subjects.

She joined the Bank in 2003 and had served as the Kochi branch manager, Head of Foreign Exchange Division, Chief Representative in Hong Kong and also took roles in the Financial Markets and in the Financial System and Bank Examination Department.
Prior to joining the Bank, she worked in JPMorgan/Chase/Chemical bank group taking various roles in the financial market division, most notably dealing derivatives products, and subsequently at RPTech, an independent think tank, as a director.

She received an MBA from the Wharton School, University of Pennsylvania and an LL.B from Kyoto University.

(追記)
仮想通貨「監視を続ける」G20 共同声明を採択
(テレ朝news 2018年3月21日 11時52分)
 アルゼンチンで開かれたG20(20カ国・地域財務相・中央銀行総裁会議)は、仮想通貨について「監視を続ける」という共同声明を採択して閉幕しました。
 G20の共同声明では、いわゆる仮想通貨を「暗号資産」と呼び変え、法律で定められた通貨の主な特性を欠いていると指摘しました。さらに、脱税やマネーロンダリング、テロ資金の問題につながるとして、国際機関に仮想通貨やそのリスクの監視を求めています。また、G20が仮想通貨を投資商品と認めたことで今後、日本でも投機を抑制するような規制が作られる可能性があります。

Many G20 members saw need for crypto-asset regulation: Japan official
(Reuters Staff March 21, 2018 / 5:46 AM)
BUENOS AIRES (Reuters) - Many Group of 20 finance leaders said some form of regulation would eventually be necessary for crypto-assets, a senior Japanese finance ministry official said on Tuesday.
 “Many G20 members didn’t take crypto-assets too positively and said some form of regulation was necessary,” the official said after the group’s gathering.
 In a communique issued after the meeting, the G20 finance leaders stopped short of calling for immediate regulations on crypto-assets but called on international standard-setting bodies to continue monitoring their moves. (Reporting by Leika Kihara; Editing by Andrea Ricci)

Exclusive: G20 financial heads to urge crypto-asset monitoring to safeguard financial stability
(Jan Strupczewski March 14, 2018 / 4:17 AM)
BRUSSELS (Reuters) - The world’s financial leaders will call on international standard-setting bodies on March 20 for stronger monitoring of crypto-assets and to assess the need for a multilateral response as such assets could at some point threaten financial stability.
The call appears in a draft communique prepared for the meeting of finance ministers and central bank governors of the world’s 20 biggest economies in Buenos Aires on March 19-20, seen by Reuters.
 The financial leaders will say the technological innovation behind crypto-currencies has the potential to improve the efficiency and inclusiveness of the financial system.
 “Crypto currencies, however, raise issues with respect to consumer and investor protection, tax evasion, money laundering and terrorist financing. At some point they could have financial stability implications,” the draft communique adds.
 “We agree that international standard setting bodies strengthen their monitoring of crypto-assets and their risks... and assess whether multilateral responses may be needed.”
 Regulators globally have raised the alarm over cryptocurrencies, saying they may aid money laundering and terrorist financing, hurt consumers and undermine trust in the global financial system.
 Japan was the first country to adopt a national system to oversee cryptocurrency trading. It carried out checks on several exchanges this year after the theft of $530 million from one exchange, Coincheck Inc, in January.
 France and Germany have said they will make joint proposals to regulate the bitcoin cryptocurrency market.
 The head of the European Union’s watchdog said a short-term strategy could be to focus on applying anti-money laundering and terrorist financing rules, warning consumers of the risk of trading in cryptocurrencies and preventing banks from holding them.
 The U.S. Securities and Exchange Commission said last week that many online trading platforms for cryptocurrencies should be registered with the regulator and subject to additional rules, in a further sign regulators are cracking down on the digital currency sector.
 In a statement, the SEC said these “potentially unlawful” platforms may be giving investors an unearned sense of safety by labeling themselves as “exchanges.” The regulator said these platforms need to register with the SEC as a regulated national securities exchange or as an alternate trading system, or ATS.
 Virtual currencies have existed for years but speculation in them has recently ballooned - along with scams promising investors returns of over 1,000 percent in weeks.
 In a time of volatile markets, hackers are also active in the sector.
 Bitcoin, the best known virtual currency, lost over half its value earlier this year after surging more than 1,300 percent last year.(Reporting By Jan Strupczewski; Editing by Hugh Lawson)




このページのトップヘ