流れのままに

流れのままに おのが道をゆけ ひたすらに ひたむきに

二〇一八年文月

北海道の線路は、冬場の激しい気温低下とそれに伴うレールの大きな縮みを考慮して製造されているので、他の地域よりも高温に弱いと言われてきた。だから「散水列車」を使っていたのだが、4年前に運転を取りやめた。線路がゆがんでしまったことと関係はあるのでしょうか。
最高気温24・9度なのに、北海道で線路ゆがむ
(読売オンライン 2018年07月26日 09時23分)
 25日午後1時55分頃、JR室蘭線の小幌(北海道豊浦町)―礼文(同)間で、線路の一部がゆがんでいるのをJR北海道の関連会社員が発見した。JR北の発表によると、暑さが原因とみられ、作業員らが水で冷却したところゆがみが解消し、午後5時20分に運転を再開した。このため、特急2本が運休、特急2本に最大3時間半の遅れが生じ、約1400人に影響が出た。室蘭地方気象台によると、25日の豊浦町の最高気温は平年に比べて1・7度高い24・9度だった。

JR北海道が「散水列車」の運行を取りやめた理由
(乗りものニュース 2014.07.11 恵 知仁(鉄道ライター))
JR北海道が運転していた「散水列車」。その目的はなんだったのでしょうか。
走行しながら水を放出
 JR北海道は2014年7月9日(水)、今年度以降は「散水列車」の運転を取りやめることを発表しました。「散水列車」。あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、何のために走らせていたかご存じでしょうか。
 正解は、レールの温度を下げるためです。レールは温度が下がると縮み、上がると伸びる性質を持っています。そのため夏季、気温の上昇に伴いレールが熱くなると、伸びてゆがんでしまう場合があるのです。そこで水をまいてレールの温度を下げ、トラブルを防止しようというのが「散水列車」の目的です。北海道の線路は、冬場の激しい気温低下とそれに伴うレールの大きな縮みを考慮しているため、ほかの地域より高温に比較的弱く、「散水列車」を使っていました。
散水列車
「散水列車」はディーゼル機関車2両のあいだに、水を搭載したタンク車を2両連結。走行しながら水を放出する方式で、1分間に2,000L散水可能。

 「散水列車」は昨年度まで、17時の天気予報で翌日の予想最高気温が32℃以上の場合、岩見沢〜札幌間と白石〜島松間で運転されていました(運転日は予想した日ではなく、32℃以上になるとされた日)。
 ではなぜ今年度以降、JR北海道は「散水列車」の運転を取りやめることにしたのでしょうか。

温度とは関係なく走る「散水列車」も
 JR北海道が「散水列車」の運転を取りやめた理由としてまず、線路が強化されたことが挙げられます。従来のレールは最高52℃までの対応でしたが、現在は57℃まで対応温度が高められています。
 もうひとつの理由は、散水の効果が一時的なことです。散水を行うと約5℃、レールの温度が低下しますが、60〜90分程度しか効果がありません。だからといって大量に水をまくと路盤がゆるみ、線路を壊してしまう可能性があります。
 つまり「散水列車」の効果はそもそも一時的なものであり、抜本的なレールの温度上昇対策として線路の強化を行ったため、散水列車を走らせる必要がなくなった、というわけです。
 北海道の鉄道は多くの人にとって、なくてはならない存在です。こうした線路の強化に引き続き、より安全、快適になっていくよう大いに期待したいですね。
 ちなみに散水できる鉄道車両は北海道の反対側、路面電車の鹿児島市電でも走っています。しかしこちらは目的が別です。ヒートアイランド現象の緩和と景観向上を図る目的で線路に芝生を植えているため、その維持管理に散水が必要だからです。そのような線路を「緑化軌道」といいます。
 また鹿児島の「散水列車」にはもうひとつ、「らしい」理由があります。桜島の降灰対策です。散水して灰を除去するために運転されます。
【了】


閑話休題(ソレハサテオキ)


多摩市唐木田のオフィスビルの建設現場の火事では、作業員5人が死亡、38人がけがをした。お亡くなりになった方々の無事の昇天を祈願して止みません。火事は、地下3階で別の作業員2人が鉄骨の柱をバーナーで切断した際、火花が断熱材のウレタンに引火して燃え広がったようだ。この施工会社は去年6月にも江東区の工事現場でも同じ原因とみられる火事を起こしていたという。

さて、この地上3階・地下4階の巨大な建物は、テレビではショッピングモールでしょうか?なんて言っていたが、Amazon Web Servicesのデーターセンターとなる予定であった。道を挟んで南には、KDDIやMUFGのデーターセンタがあるようだ。
多摩のビル建設現場火災、AWS向けデータセンターの可能性が濃厚
(日経ニューメディア 2018/07/27 21:35)
染原 睦美、山端 宏実、玄 忠雄=日経 xTECH/日経コンピュータ

 東京都多摩市で発生したビル火災の建築現場は、米アマゾン・ウェブ・サービス(Amazon Web Services)のクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」向けのデータセンターである可能性が高いことが、日経コンピュータの取材で2018年7月27日に分かった。複数の業界関係者が明かした。
アマゾン東京都多摩市
東京・多摩で建設現場火災、煙が上がる建設中の建物=2018年7月26日午後3時8分、東京都多摩市(共同通信社ヘリから)(出所:共同通信イメージズ)
 火災は2018年7月26日午後1時45分ごろ、東京都多摩市唐木田1のビル建設現場で発生した。建設中の建物はオフィスビルの「多摩テクノロジービルディング(仮称)」。延べ床面積は1万7666.89平方メートルとされる。三井不動産が100%出資する南多摩特定目的会社から安藤ハザマが工事を請け負い、2018年10月に工期終了の予定で建築が進んでいた。三井不動産の資料によると、用途は「事務センター」である。
 三井不動産は日経コンピュータの取材に「入居する顧客は守秘義務のため明かせない」(広報)と回答。用途については「事務センターと呼んでおり、顧客が入るオフィス部分も一部あるが、実質的にはデータセンターとしての用途だ」(同)とした。
 アマゾン・ウェブ・サービスは2011年に日本国内初のデータセンターとして東京リージョンを開設し、2018年2月には大阪ローカルリージョンを設けた。事実関係についてアマゾン ウェブ サービス ジャパンに問い合わせたが、午後9時30分の時点で連絡がつかなかった。

Amazon Web Services(AWS)についての小笠原啓記者による白眉なリポートを転載させていただきます。お楽しみください。

クラウド界の絶対王者「AWS」独走の秘密
アマゾン・ウェブ・サービス、成長率は年60%
(日経ビジネス 小笠原 啓 2017年3月6日(月))
巨大な上に成長率は年60%。マイクロソフトとグーグル、IBMが束になってもかなわない。アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は発足から10年で、クラウド業界で他を圧倒する存在になった。“絶対王者”として独走する秘密は何か。米ラスベガスで毎年開催される「re:Invent」に答えがあった。
アマゾン・ウェブ・サービス
米ラスベガスで開催された「re:Invent」に登壇したアマゾン・ウェブ・サービスのアンディ・ジャシーCEO(写真=鍋島 明子)
 2016年11月30日午前7時。パソコンを抱えたインド系の若者と中年の白人女性が、米ラスベガスの巨大ホテルで先を争うように走っていた。途中にルーレット台やスロットマシンが置かれているが目もくれない。カジノより確実な稼ぎを約束するイベントが、間もなく開演するからだ。
 午前8時、数千人の技術者がひしめくイベント会場に、1人の男が姿を現した。米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のアンディ・ジャシーCEO(最高経営責任者)。米アマゾン・ドット・コムが提供する、クラウドサービスの指揮官である。
 「あらゆる業界の大企業がクラウドを使い始めた」「古いテクノロジー企業が収縮する一方で、AWSは急成長を続けている」。会場の熱気は、ジャシーCEOの次の言葉で一気に高まった。
 「これから、あなたたちが手にする“スーパーパワー”を紹介しよう」
 AWSの年次イベント「re:Invent」(新発明の意)は、客観的に見れば新製品発表会だ。ジャシーCEOが胸を張る「スーパーパワー」も自社サービスの宣伝に他ならない。だが、そう切り捨てられない“熱量”がこのイベント全体を支配している。

パートナー企業がブースを構え自社サービスをアピールした(写真=鍋島 明子)
アマゾン・ウェブ・サービス2 参加料金は原則として1人1599ドル(約18万円)と高額だ。にもかかわらず、今年の来場者は3万2000人と昨年比で1万人以上も増えた。5日間で約400の会議が催され、世界各国のソフト開発者やIT企業の幹部が集結。日本からも700人以上が参加した。
 人材育成を手掛ける米グローバルナレッジによると、2016年時点で最も稼げるIT関連資格は「AWS認定技術者」だ。平均年収は12万5000ドル(約1400万円)を超え、サイバーセキュリティー関連の資格保有者より高い。AWSの最新動向を把握してスキルを身に付けることが、ITエンジニアとしての収入アップに直結する。ジャシーCEOの発言が自分たちの稼ぎを左右すると知っているからこそ、技術者たちは高いチケット代を払い、眠い目をこすってラスベガスに集まったのだ。

サーバー数千台を5分で準備
 AWSはアマゾンの一部門にすぎないが、その勢いは本業のネット通販を凌駕し始めた。2016年1〜9月期の売上高は、前年同期比58.6%増の86億8300万ドル(約9800億円)。営業利益も同2.4倍の21億8200万ドル(約2500億円)に達した。アマゾンの全売上高に占める比率は9.4%にとどまるが、74.4%の利益を生み出している。
アマゾン・ウェブ・サービス3
 AWSはもともと、アマゾンのネット通販を支える存在だった。膨大な数の注文をリアルタイムに処理するには、サーバー運用などで高度なノウハウが求められる。こうしたノウハウをまとめて社外に開放すれば、大きなビジネスになると考えた。2006年のことだ。
 狙いは、「システム開発に関する複雑な業務を、ネット通販と同様に“ワンクリック”で提供する」(AWS日本法人の長崎忠雄社長)ことだった。まずは膨大な数のサーバーを調達し、世界各地に巨大なデータセンター群を構築。顧客企業が必要に応じて、インターネット経由で利用できる仕組みを整えた。今では「2005年時点にアマゾンを支えていたのと同規模のサーバーを、毎日追加している」と、AWSのトップ技術者であるジェームズ・ハミルトン氏は話す。
 サーバーの調達は、企業にとって頭の痛い問題だ。複数製品を比較し、必要な台数を算定するのは一苦労。設置場所を確保して電源などを手配するだけでも、半年近くを要してしまう。AWSはこの作業を劇的に手軽にした。申し込みから5分程度で数千台規模のサーバーを利用する準備が整い、必要に応じて増強できる
 
10年間で58回の値下げ
出所:米シナジー・リサーチ・グループ。2015年のシェア。IaaS、PaaS、プライベートおよびパブリッククラウドの合計
アマゾン・ウェブ・サービス4 ここに着目したのが、米Airbnb(エアビーアンドビー)などのスタートアップ企業だった。今年本格サービスを始めた、金融ベンチャーのウェルスナビ(東京都千代田区)もその一社だ。
 独自のアルゴリズムで自動的に資産を運用する「ロボアドバイザー」サービスが売りだが、「AWSなしには起業は考えられなかった」と柴山和久CEOは打ち明ける。早く結果を出さなければ潰れかねないベンチャーにとって、一銭の利益も生まないサーバーの調達業務に費やす時間はないからだ。
 スピードだけではない。ネット通販で培った薄利多売のビジネスモデルもAWSの特徴だ。
 大量調達によりサーバーなどのコストを削減。それを原資に新たな顧客を呼び込むことで、常にスケールメリットを追求し続ける。サービス開始からの10年間で58回も値下げし、業界の価格破壊を先導してきた。
 企業が自前で購入したサーバーは年を追って陳腐化し、次第に保守コストがかさむようになる。AWSでは逆に、常に最新のサービスをクラウド経由で利用でき、料金は一貫して下がり続ける。旧来のIT業界の常識を真っ向から否定することで人気を博し、AWSは急速にシェアを高めていった。
 米シナジー・リサーチ・グループによると、AWSの世界シェアは2015年に31%で、米マイクロソフトと米IBM、米グーグルなど4社合計を上回る。発足から10年で、AWSは他の追随を許さない“絶対王者”と見なされるようになったのだ。

AWS日本法人の長崎忠雄社長は「製品ロードマップの9割は顧客の声で決まる」と話す
(写真=鍋島 明子)

アマゾン・ウェブ・サービス5 IT業界では、デファクト(事実上の標準)を握った企業が圧倒的に優位となる。“勝ち馬”に乗ろうと多くの技術者が集まることで、ソフト開発が一層加速するからだ。「新技術が真っ先に採用されるため、優秀なエンジニアほどAWSを使いたがる」とウェルスナビの柴山社長は話す。
 結果、「米国ではあらゆる組織が雪崩を打ってAWSに移行している」と、調査会社ITRの甲元宏明プリンシパル・アナリストは指摘する。米ゼネラル・エレクトリック(GE)や米マクドナルドなど業界のトップ企業はもちろん、米中央情報局(CIA)や米航空宇宙局(NASA)もAWSを利用している
 米国の全証券会社が加盟する規制機関「FINRA」のスティーブン・ランディッチCIO(最高情報責任者)は今年のre:Inventに登壇し、こう宣言した。「AWSは競合より数年先を走り、ギャップは今も広がり続けている。FINRAは今後、あらゆるシステムをAWSに移行させる」。規制当局が公の場で“お墨付き”を与えたら、銀行や証券会社がどんな行動を取るかは明らかだ。
 日本でも同様の動きが始まっている。ソニー銀行は2013年末から段階的に、リスク管理や帳票管理といった社内の業務システムをAWSに移行させてきた。移行したシステムの年間のコスト削減効果は、3〜5割に達するという。
 銀行業務の中核である勘定系システムについては慎重にならざるを得ないが、「規制対応などを踏まえつつ、今後はさらにAWSへの移行を進めていきたい」と福嶋達也・執行役員は力を込める。「国内IT勢とは規模が桁違いで、AWSを利用しない方がむしろリスクが高まる」(同)と考えているからだ。

AWSを選ぶ「3つの理由」
サーバーやデータベースをクラウドで提供
●AWSが提供する主なサービス

アマゾン・ウェブ・サービス6
(※図1)

 国内企業がAWSを選び始めた理由は、大きく3つある。

様々な業界で導入相次ぐ
●AWSを導入した主な日本企業

アマゾン・ウェブ・サービス7 1つ目は機能の豊富さだ。※図1で示したように、AWSには仮想サーバーやストレージなど、ITインフラの構築に必要な機能が既にそろっている。その機能が今でも猛烈な勢いで増殖しており、AWSが2015年に追加した新サービスや新機能の数は722。2016年は約1000に達する。そのほぼ全てが「顧客の要望に応えるために開発したものだ」と長崎社長は述べる。
 AWSの新サービスが、新たな市場を創出するケースも増えてきた。
 ビッグデータ分析では高価なハードとソフトを使うのが通例で、かつては膨大な初期投資を賄える大企業の独壇場だった。ところが、2012年に「Redshift(レッドシフト)」を投入したことで状況が一変。従量課金で使えるようになったことで、ベンチャー企業でも手軽にデータ分析できる環境が整った。スマートフォンのアプリ開発が活性化した、一つの要因と言える。
 システム構築を手掛けるサーバーワークスの大石良社長は「AWSの進化に追随すれば、常に最新技術を使い続けられる安心感がある」と話す。
 2つ目はセキュリティーだ。

ソニー銀行の福嶋達也・執行役員は「国内勢はAWSに追いつけていない」と語る
(写真=陶山 勉)

アマゾン・ウェブ・サービス8 AWSはクレジットカード業界の標準である「PCI DSS」など様々な認証を取得し、セキュリティー専門家も数多く抱える。同社のサービスは複数企業でITインフラを共有するのが前提だが、仮想プライベートクラウドの「VPC」を使えば、特定領域を“専有”できる。企業内ネットワークと同等の安全性で、AWSを使える仕組みが整った。
 国内金融機関は金融情報システムセンター(FISC)の安全対策基準に照らしてシステムを運用する必要があるが、「当行の独自チェックと第三者監査を通じ、AWSは基準をクリアしているとの結論に至った」(ソニー銀行の福嶋執行役員)。
 金融機関だけではない。医療機器を手掛けるシスメックスは、世界各国から寄せられる苦情を管理するシステムをAWS上で稼働させている。同社の血球分析装置などに不具合が生じていないかを、顧客の声を通じて把握する。
 問題を見落とすと健康被害につながりかねないため、情報管理の方法は薬機法(旧薬事法)などで規定されている。同社情報ソリューション部の矢野光洋シニアプランナーは「誰がいつログインしたかなど、正確な記録を残せるのがクラウドの利点だ」と話す。

自社で管理するより安全
 AWSは2016年から、セキュリティー機能の「AWS Shield(シールド)」を無償で提供している。面倒なサイバー攻撃対策を肩代わりしてくれるようになった。自社でデータを保管するよりもAWSに預けた方が安心だという考えが、世界で一般的になりつつある。
 3つ目の理由は、「JAWS(ジョーズ)」と呼ばれる技術者コミュニティーの存在。日本全国に60以上の支部があり、毎晩のようにAWSの使い方を議論している。フリーランスだけでなく、企業に属するITエンジニアも数多く参加するのが特徴だ。
 大手ITベンダーが顧客企業を組織する「ユーザー会」とは異なり、JAWSの運営はコミュニティーごとの自主性に任されている。参加者に求められるのは、積極的にノウハウを開示するオープンな姿勢。「他社の失敗事例を学べるのが面白い」と、大企業中心のコミュニティーを率いるNTTドコモR&Dイノベーション本部サービスイノベーション部の大野友義部長は話す。
 日本企業はシステム導入でも「前例」を重視する傾向がある。様々な事例がJAWSの場で共有されることで、AWSの普及が加速するのは確実だ。
 11月のイベントでは、AWSの新たな武器がトラックとともに登場した。「AWS Snowmobile」だ。

トラックで企業内データを“引っ越し”
●ラスベガスでお披露目された「AWS Snowmobile」

アマゾン・ウェブ・サービス9
 企業が扱うデータが増えるほど、AWSへの移行は困難になる。ネット回線は大量のデータを転送するには不向きだからだ。そこで考えたのが、トラックに積んだサーバーを企業のデータセンターに直結してデータを吸い上げ、AWSに運ぶ構想だ。ジャシーCEOによると「専用線で26年かかるデータを、半年で転送できる」という。
 AWSの力が増すほど、協業する企業も広がる。NECは11月、AWSへの移行支援体制を強化すると発表。最上位のAWS認定技術者を50人規模に増強し、2年間で120億円の売り上げを目標に掲げた。「AWSとまともに戦うのは得策ではない。既存システムとAWSを上手に融合させることを提案していきたい」と、SI・サービス市場開発本部の川井俊弥エグゼクティブエキスパートは話す。日立製作所もAWSに精通した人材の育成を進めている。

パートナー育成が課題
 「自分たちで勉強してAWSを使えば、ITベンダーに頼んでいた仕事を“中抜き”できると日本の経営者が気付き始めた」と、ガートナージャパンの亦賀忠明・最上級アナリストは指摘する。国内では前述のサーバーワークスなど、AWSにほぼ特化したITベンダーが急速に台頭している。NECや日立といった大手も、旧来型のビジネスに固執していては明るい未来は描けない。
 AWS自身も協業の必要性を強く認識している。様々なサービスを矢継ぎ早に提供したことで、単純明快だったAWSも次第に複雑化してきた。今では主要サービスの数が70を超える。「従来のパートナーだけでは仕事をこなしきれなくなってきた」との不満も、顧客企業から漏れるようにもなった。日本国内でさらにシェアを伸ばすには、実際の業務に精通したパートナーの育成が喫緊の課題だ。
 拡大するクラウド市場でAWSが最も有利なポジションにいるのは間違いない。だが、地力があるIBMやマイクロソフトそしてグーグルを相手にリードを保ち続けることができるのか。挑戦者だった過去の10年とは違う戦い方を迫られることになる。

INTERVIEW
アンディ・ジャシーCEOに聞く
クラウドはアマゾンの通販を超える

米ハーバード大学でMBA(経営学修士)を取得し、1997年に米アマゾン入社。
2006年にAWSを立ち上げ、一貫してクラウド事業を率いる(写真=鍋島 明子)

アマゾン・ウェブ・サービス10
>──米国と比べると、日本企業のクラウド導入は遅れている。
 「まだ初期段階だが、これから間違いなく加速する。クラウドを導入すると、アイデアが浮かんでから実現するまでの時間が極めて短くなる。何千台というサーバーを数分間で用意でき、必要なくなったら余計な料金は支払わなくてよい。試行錯誤のスピードが速まれば、それだけ競合より先を走れる」
 「ほとんどの企業はIT人材の不足に悩んでいる。ITインフラをクラウドに移行すれば、貴重な人材を(保守ではなく)サービス開発に集中させられる。これは、企業全体の競争力にプラスに働くはずだ」

──AWSが市場を支配し、いつか値上げするのではないかとの懸念がある。
 「可能性はほぼゼロだ。AWSは過去10年間、競合に関係なく自主的に50回以上も値下げしてきた。削減したコストは顧客に還元するのが我々の主義だ」
 「クラウドは長期にわたるビジネスだ。仮に2~3年赤字になっても、必要な投資をためらうことはない。顧客との良好な関係を構築するのが最優先だ」

──AI(人工知能)では米グーグルなどとの競争が激化している。
 「AIは今後の成長に不可欠な要素だ。AWSは技術者に様々なツールを提供し、開発が加速するよう支援している。クラウドで提供する膨大な処理能力なしに、AIの進化は難しいだろう。AWS上では他のプラットフォームとは比較にならない規模で、AIや機械学習の開発が進められている」
 「音声認識に関しても競争が激しい。(英語と比べると)日本語対応には時間がかかっているが必ず対応する」

──2016年4月にAWS部門のCEOに就任した。AWSの位置付けは変わるのか。
 「アマゾンの小売事業はAWSにとって巨大で重要な顧客の一つだ。経営体制も顧客基盤もお互いに独立しており、それは今後も変わらない」
 「AWSの年間成長率は50%を超える。現在でも非常に大きなビジネスになっているが、まだ膨大なチャンスがあると考えている。1000億ドル規模の小売事業を超えて、AWSはアマゾン最大の事業になるだろう。いつになるかは明言できないが、間違いなく可能だ」

(日経ビジネス2016年12月26日・2017年1月2日号 より転載)

知らず識らずに、外資のビジネスに日本国内のマーケットを譲り渡してしまっている。政府中枢には国防の観点から、この現状を危惧するところがみられない。日本のMIXIや楽天は、政府の自由放任主義故に外資のAmazonやFacebookが日本侵入を許され、マーケットを奪われてしまった。

報道では、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を2基配備するのに総額6,000億円以上を要するという。しかしながら、2基で日本全土をカバーできるというのだから、国防上の不可欠な投資なのだろう。しかし、自前(独立)で開発するという発想にならないのはAWSのケースと同様。「国産」という言葉を死語にしてはいけません。


大きな笑顔の佳き日曜日を。

朝陽_20180725_052302
朝陽@旭ケ丘20180725_052302

7月16〜22日の1週間に熱中症で病院に搬送された方は、47都道府県で少なくとも21,000人に上り、うち65人が亡くなられました。

30度を超える日々が続いています。くれぐれも熱中症にはお気を付けください。ひとつ間違いますと、蘇生後脳症(低酸素脳症)の導火線となりかねません。人々の命が大切にされますように。

先ずは、昨年8月の事件から。
練習後走り倒れた女子マネジャー死亡 新潟の高校野球部
(朝日 2017年8月6日17時05分)
 新潟県加茂市の加茂暁星高校で7月、野球部の練習直後に倒れ、意識不明になっていた2年生の女子マネジャー(16)が、5日に入院先の新潟市内の病院で亡くなったことが県警への取材で分かった。死因は低酸素脳症だった。
  同校によると、女子生徒は7月21日午後5時半すぎ、同校から約3・5キロ離れた野球場での練習に参加。午後7時半ごろに練習を終え、男子部員と一緒に走って学校に戻った直後、玄関前で倒れたという。
 女子生徒は普段、球場を行き来する際は、用具などを積み込むマイクロバスに乗っていた。この日はけがをした部員がバスに乗るなどしたため、監督が「マネジャーはマイペースで走って帰るように」と指示していた。女子生徒が倒れた直後、駆けつけた監督は「呼吸は弱いけれどある」と判断し、救急車が来るまでの間、AED(自動体外式除細動器)は使用しなかったという。
 女子生徒は救急搬送された病院で治療を受けていたが、5日午後6時すぎに亡くなった。加茂署は業務上過失致死の疑いも視野に、関係者から事情を聴く方針。同校は朝日新聞の取材に対し、「生徒のご家族には誠意を持って対応し、このようなことが起こらないように対策を取りたい」とコメントしている。

蘇生後脳症(低酸素脳症)とは?
(medicalnote 公開日 2015 年 12 月 14 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日)
【インタビュー】
s200x200_9fd9ff09-d4ba-4480-86a0-4f99a973752b[1]近藤 豊 先生
順天堂大学大学院医学研究科 救急災害医学講座 准教授
 
 蘇生後脳症(低酸素脳症)は心肺停止から回復した患者さんにとって、もっとも重篤な合併症の1つです。近年、心肺停止の蘇生率が上がると共に、本症にかかる患者さんが増えています。今回は「蘇生後脳症(低酸素脳症)とはどのような病気なのか」について、ハーバード大学医学部外科学講座研究員の近藤豊先生にお話頂きました。

蘇生後脳症(低酸素脳症)とはどのような病気か
 蘇生後脳症は、心肺停止の蘇生後に生じる脳の損傷のことをいいます。通常、病院の外で心肺停止になった患者さんの心拍が再開したとしても、約7割がこの蘇生後脳症で命を落とすといわれています。また、そうならなかった場合でも脳に障害が残り、寝たきりの状態になることも少なくありません。そのため、蘇生後脳症を防ぐことはとても重要となります。

蘇生後脳症(低酸素脳症)の原因
 心筋梗塞や重症の不整脈では心臓が止まることがあります。そのような状態に落ち入ると血流が途絶えるため、脳に十分な酸素が行かなくなります。そのため低酸素脳症を生じることとなります。またその後、心臓が動き出したとしても、すでに脳の細胞が酸素不足で死んでしまっている場合、低酸素脳症は避けられません。

*なお、ここでは低酸素の問題だけを述べましたが、近年の研究では蘇生後脳症の主な原因は虚血・再灌流障害だとされており、低酸素だけが問題ではないことも指摘されています。

蘇生後脳症の症状
 蘇生後脳症では様々な症状をあらわします。軽度なものでは認知機能の障害など、重度なものになると昏睡状態、手足の麻痺、痙攣などが出現し、ここまで障害されると社会復帰は難しくなります。
 しかしながら、脳は時間が立てばある程度回復することもわかっているため、昏睡状態だからといって即座に社会復帰が望めなくなるわけではありません。心肺停止後3日以内に脳の今後の状態を予測することはとても難しいとされています。また、長い時間をかけて症状が良くなる方もいます。特に小児や若年者では、高齢者に比べで脳機能の改善が期待出来ます。昏睡状態になってしまっても、あきらめないことが大事です。

蘇生後脳症(低酸素脳症)の検査・診断
 検査としては一般的に頭部CT検査、頭部MRI検査、脳波検査などを施行します。現在のところ、蘇生後脳症の確立された診断基準はありませんので、各検査と臨床症状から総合的に蘇生後脳症と診断されることになります。
 なお近年では、重度の蘇生後脳症となった方で、なおかつ医師により「脳死」の状態の可能性が高いと判断され、本人や家族の臓器移植の意向があれば、法的脳死判定を施行することがあります。法的脳死判定では、血圧、瞳孔の大きさ、脳幹反射、自発呼吸の有無などを確認することになります。

蘇生後脳症(低酸素脳症)の治療と経過
 血圧や呼吸などの全身状態の管理を行うとともに、脳浮腫があれば脳圧を下げる治療を施行します。とりわけ低体温療法(『低体温療法とは』を参照)は蘇生後脳症に対して有効性が高い治療とされています。
 経過は個人により様々で、良くなる方もそうでない方もいます。しかしながら脳に障害を負った時点で厳しい経過となることも多いのが現状です。

蘇生後脳症(低酸素脳症)を予防するためには
 心肺停止の患者さんを目撃した場合には、すぐに救急車を呼ぶとともに胸骨圧迫(心臓マッサージ)を行うようにしましょう(詳細は『一般の方にもできる蘇生法、BLSとは』)。胸骨圧迫には脳へ血流を送り低酸素脳症を防ぐという目的もあります。もちろんAEDを使用して心拍を再開させることも重要です。このために記事1で述べた、BLSがとても大切となってきます。


大きな笑顔の佳き火曜日を。

このページのトップヘ