b5e6ba9e.jpgおはようございます。
淡々とした朝を迎えました。
いい感じです。

さて、マイミクの楽チンさんから、
素的なお話を教えていただきました。
お裾分けです。お楽しみくださいね。

(引用開始)

ある夫婦が、ディズニーランドに来ました。
ディズニーランド内のレストランで、お子様ランチを夫婦で注文したのです。
もちろん、お子様ランチは9歳以下とメニューにも書いてある。
もちろんこれはマニュアルでは当然お断りする類のものです。

しかし、キャストのアルバイトは、マニュアルから一歩踏み出して尋ねました。
お子様ランチは誰が食べるのかを…

「死んだ子供の思い出に食べたくて」奥さんが答える。

「亡くなられた子供さんに・・・・」とキャストは絶句した。

「私たち夫婦は子供がなかなか産まれなかったのです。
 求め続けて求め続けてやっと待望の娘が生まれました。
 でも、体が弱く一歳の誕生日を待たずに亡くなってしまいました。
 私たち夫婦は泣いてこの一年を過ごしました。
 でも、いつまでも泣いて暮らしてはいけないと話し合って、
 娘の一周忌の記念に、娘と来たかったディズニーランドに来たのです。
 そしたらゲートのところで渡されたマップに、
 ここにお子様ランチがあると書いてあったので、娘との思い出に、
 お子様ランチを食べようと思いました」

そう言って夫婦は目をふせた。

キャストのアルバイトは

「そうだったのですか。では、どうぞ召し上がってください」と、

自己責任で即座に応えたのです。

そして「ご家族の皆さまどうぞこちらの方に」と、

二人席のテーブルから四人席のテーブルに夫婦を移し、
それから「お子様はこちらに」と大人のイスを一つ外し、
子供用のイスを用意した。

しばらくして運ばれてきたのは三人分のお子様ランチ。

そしてこのキャストは

「ご家族で、ごゆっくりお楽しみください」

と笑顔で立ち去りました。

これは完全にマニュアル破りの規則違反です。
しかし、誰もそのキャストを責めるものはスタッフにはいません。
むしろそのキャストは賞賛されるのです。

東京ディズニーランドではあくまでもマニュアルは指針であり、
すべてはお客さまのハッピーが優先されるのです。

このような出来事に感動して、ご夫婦は帰宅後に手紙を書きました。

「私達は、お子様ランチを食べながら涙が止まりませんでした。
 まるで娘が生きているように家族の団らんを味わいました。
 また、娘を連れてディズニーランドに必ず行きます」。

そしてその手紙はディズニーランドに届けられ、
それはすぐに張り出され、コピーもされ、舞台裏で出演の準備をするキャストに配られます。

舞台裏では多くのキャストが感動で涙する…

でもすぐに先輩から号令がかかる。

「涙はここ(舞台裏)まで、パーク内では涙は禁物。
 今日は誰がどんなドラマを創るの?それじゃみんな笑顔で出番の準備を!」

そんな光景が毎日舞台裏では繰り広げられるのです。
彼らのつくり出す笑顔は上司からの命令ではありません。

それは自分達が感動したいからなのです。

自分自身が今日という日を感動したいからなのです。

(引用終わり)

楽チンさん、いいお話をありがとう♪

さあ、これから朝の散歩に出かけます。
静かにゆっくり淡々と歩むのです。

何もない大切な日々に感謝@朝陽を浴びた旭ヶ丘より


※このお話は五日市剛さんの講演会で披露されたものです。
※写真は先週の木曜日午後六時の前田森林公園@札幌