5cbb5289.JPGイタリアのフィアットと合衆国のクライスラーの買収交渉の行方を見つめているが、フィアットが買収するには債権債務の整理が必要になる。よって、一時倒産となる。買収交渉が不成立なら、倒産申請し解体清算する。5月の声を聞く頃には、合衆国製造業のシンボルが役割を終え、消え去っているかもしれない。

もうひとつ氣になることは、合衆国有力企業の創業者一族等が、自社株を売り始めていること。4月に入ってからの彼等による自社株売りは3億5300万ドルで、自社株買いの8.3倍となった。今月に入り合衆国の株価が80年ぶりの急上昇を見せているが、彼らの多くが売り時と判断しているようだ。深読みをするなら、自社または合衆国製造業の回復・成長を見限ったといえるかもしれなない。

5月には先送りした諸々のことが明らかになってくる。

閑話休題(ソレハサテオキ)。

4月5日、NHKスペシャル「ジャパン デビュー」の第1回「アジアの一等国」という番組を観た。

幅広い世代の台湾市民が、尊敬する国、移住したい国として日本を挙げるのは、日本の統治に不快を持っていないからだと言われる。にもかかわらず、この番組では日本の統治を否定的に表現していた。また、台湾市民が尊敬する後藤新平(※)を躊躇なく裁いて見せるのだが、見識がなさ過ぎる。

敗戦前、有色人種の代弁者たるわが日本は、帝国主義の下、世界分割支配に明け暮れた白人系国家集団に植民地支配の不当性を訴えた。これは世界史的に意味のある行動であった。これは良く知られているように大日本帝国の帝国主義的拡張政策と足並をそろえてはいたが、世界の有色人種の希望になっていた。

そこに、わが日本の存在感があった。

(つづく)

感謝


(※)明治31(1898年)3月、台湾総督となった兒玉源太郎の抜擢により、台湾総督府民政長官となる。そこで新平は、徹底した調査事業を行って現地の状況を知悉した上で経済改革とインフラ建設を進めた。臨時台湾旧慣調査会を発足させ京都帝国大学教授で法学者・岡松参太郎を招聘し、自ら同会の会長に就任した。また同じく京都大学教授で法学者の織田萬をリーダーとし、後の中国哲学研究者・狩野直喜、中国史家・加藤繁などを加えて、清朝の法制度の研究をさせた。この研究成果が『清国行政法』で、近世・近代中国史研究には必須の資料となっている。

ボーイスカウト日本連盟の初代総長を勤め、スカウト運動の普及のために自ら10万円を日本連盟に寄付し、全国巡回講演会を数多く実施した。

親交のあった社長から新作懐中時計の命名を頼まれた際に、「市民から愛されるように」とCITIZENの名を贈っている。彼はシチズン(時計)の名付け親である。

最後の言葉は、『よく聴け、金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。よく覚えておけ』であった。

中国大使館が後藤新平宅の跡地にあるのは興味深い。

以上