おはようございます♪

静寂の旭ヶ丘です。

読書法には色々あるが、孟子の三言が手本になる。

第一に、「自分の心を以て、作者の精神のある所を迎えとる」

第二に、「読んだ書物を一部は信用するが、全部は信用しない」

第三に、「作者の人となりを知り、その当時の社会的状況を論じて明らかにする」

『言志四録』には、次のように書かれている。

 読書の法は、当(まさ)に孟子の三言を師とすべし。
 曰く、意を以て志を逆(むか)う。
 曰く、尽(ことごと)く書を信ぜず。
 曰く、人を知り世を論ずと。


書との出会いは、師との出会い、友との出会い、とともに人生を豊かにする三つの出逢いのひとつ。

だから、本は吟味する必要がある。
自分の志(精神)に従うものを愛読書としたい。

よき週末を。

感謝
England6