100830_0621321


株式会社ヴィノスやまざきが輸入しているチリ産の食用オリーブ油"Petralia"(写真)が美味い!

メルキュールホテル札幌http://www.mercuresapporo.jp/ja/1階の「ヴィノスやまざき札幌店」http://www.v-yamazaki.co.jp/sapporo/index.htmlで購入できます。900円(250ml)とお手ごろです。おススメいたします。

わたしは、オリーブオイルに軽く塩を振り、ホワイトブレッドかレイブレッドにつけていただいています。是非、お試しください♪

ひとつ口に含むたびに、Greenを体感します。

閑話休題(それはさておき)。

郷原総合法律事務所代表、名城大学教授、総務省顧問で元検察官の弁護士・郷原信郎氏(1955年〜)が、ツイートで次のような「訴え」を発信なさった。

以下、http://twitter.com/nobuogoharaより引用

これからの連続ツイート、全国の民主党議員、党員・サポーターに届くよう大拡散をお願いします。常々言っているように私は小沢氏の支持者でも擁護者でもありません。しかし、「政治とカネ」の問題で代表選での政策論議を封殺しようとする企みは許せません。堂々と政策論を戦わるべきです(続く)
8:06 AM Aug 28th webから

(続き)以前から言っているように、第5検審が「起訴相当」とした「被疑事実」は、不動産取得時期と代金支払時期の「期ズレ」だけです。こんな事実で再度の起訴相当議決はありえません。万が一あっても、絶対に無罪です。(続く)
8:10 AM Aug 28th webから

(続き)この「政治とカネ」の問題が検察の暴走と検察翼賛メディアによって作り上げられたものだったことは、私の著書「検察が危ない」(ベスト新書)の冒頭70頁を読んでもらえば容易に理解してもらえるはずです。(続く)
8:13 AM Aug 28th webから

(続き)民主党の全議員、全党員・サポーターの皆さん。代表選挙までの間、「厄除け」に「検察が危ない」を携帯してください。その「厄災」とは、「政治とカネ」という意味不明の呪文で8年ぶりの民主党代表選を蹂躙する動きです。財務省ベッタリの菅政権では「政権交代」の意味がありません(続く)。
8:15 AM Aug 28th webから

(続き)「政治とカネ」の問題が法的にはいかなる事実がどのように刑事手続の対象になったのか。その他に社会的には何が問題にされ、それは何の根拠に基づいているのか、政治家の評価の問題として政治全体の中にどう位置づけられ、現在の政治にどう影響するのか、しっかり考えてから物を言うべきです
9:28 AM Aug 28th webから

(引用終わり)

新聞やテレビでも、このような発言が制限されずに、自由闊達な討議ができる日本になることを願う。

加えて、日本の代議士の意識構造には民意を反映した、一般大衆の収斂はみられない。どちらかというと、徳川時代の封建的意識構造、すなわち愚民(ぐみん)の上の御上感覚(おかみかんかく)に近い。

選ばれたことへの恍惚にばかりうつつを抜かしているのではないか。この手の人間は、自己保身のみが至上命題となる。日本国憲法50条の「代議士の特権」が何のためにあるのか考えていただきたいものだ。

議会の行政権力からの独立性ということを理解していただきたい。

さあ、今週も笑顔で参りましょう。

感謝