「足利事件」の菅家利和氏、「東電OL殺人事件」のゴビンダ・プラサド・マイナリ氏、そして「飯塚事件」の久間三千年氏の三名はDNAの違いが分かって無罪になった、と言いたいところだが久間氏は既に死刑が執行されてしまっている。

無実であるにもかかわらず、国家権力が死刑執行してしまったら、それは殺人である。殺人を犯した者は法によって裁かれるのだが、国家権力も例外ではない。

東電OL殺人事件再審、検察が無罪求める
(J-CASTニュース 2012/10/29 13:30)
1997年に起きた東京電力女性社員殺害事件で無期懲役が確定し、11年6月に再審開始が決まったネパール国籍のゴビンダ・プラサド・マイナリさん(46)の再審第1回が2012年10月29日、東京高裁(小川正持裁判長)で開かれた。検察側は、「被告以外が犯人である可能性を否定できない」として、無罪を求める異例の意見を述べた。審理は30分程度で終了し、11月7日に無罪判決が言い渡されて確定する見通し。http://www.j-cast.com/2012/10/29151744.html

飯塚事件“DNA再検証で別の型”
(NHK 10月25日 22時51分)
飯塚事件
 平成4年に福岡県飯塚市で、小学生の女の子2人が殺害された「飯塚事件」で、元死刑囚の裁判のやり直しを求めている弁護団は、当時のDNA鑑定を専門家に依頼して再検証し、「元死刑囚のものとされたDNAの型とは別の型が確認された」という結果を裁判所に提出しました。
 平成4年に福岡県飯塚市で小学1年生の女の子2人が殺害された「飯塚事件」では、平成20年に死刑が執行された久間三千年元死刑囚の家族が、裁判のやり直しを求めています。
この裁判は複数の証拠を基に死刑判決が確定しましたが、弁護団はそのうちの1つだったDNA鑑定について、専門家に依頼して再検証し、結果を福岡地方裁判所に提出しました。
弁護団によりますと、DNA鑑定をした遺留物は残っていないため、検証は捜査段階でDNAの型を撮影した写真のネガを分析する形で行われました。
 その結果、当時の鑑定で元死刑囚のものとされたDNAの型ははっきりとは確認されなかったとしています。
さらに警察が当時作った鑑定書にはネガの一部が示されておらず、その部分に元死刑囚とも2人の被害者とも違う、別のDNAの型が確認されたとしています。
 弁護団は「この別のDNAが真犯人のものである可能性がある。当時の鑑定は信用性が低いうえ、警察が都合よく改ざんした疑いもある」と主張しています。
 一方、福岡地方検察庁は、「DNA鑑定の資料は、ネガも含めてすべて裁判に証拠として提出し、DNA以外の証拠も評価して有罪と認定された。今後はDNA鑑定に誤りがないことを的確に立証していく」としています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121025/t10013024001000.htmlより転載

参考:http://www.mynewsjapan.com/reports/1526

新聞やテレビは、最優先事項として、このニュースを取り上げてもらいたい。今も日本には代用刑事施設(旧代用監獄)での取調べ体制が公的に存在していて、司法当局の求める自白を容易に引き出せることが指摘されている。そして、それが冤罪の温床となっている。マスコミやアカデミシャンには、ミラの聖ニコライの役目があることを知って目覚めて欲しい。ちなみに、聖ニコライはサンタクロースのモデルと言われている。

明日から11月。早いですねぇ〜。

大きな笑顔で、邪氣を払って、参りましょう。

感謝