皇后陛下は今日、傘寿(さんじゅ)の誕生日を迎えなさった。実に、おめたい。「宮内記者会の質問に対する文書ご回答」からは、彼女の戦争に対する見識が伝わってくる。
問2 皇后さまは天皇陛下とともに国内外で慰霊の旅を続けて来られました。戦争を知らない世代が増えているなかで,来年戦後70年を迎えることについて今のお気持ちをお聞かせ下さい。
皇后陛下
 今年8月に欧州では第一次大戦開戦から100年の式典が行われました。第一次,第二次と2度の大戦を敵味方として戦った国々の首脳が同じ場所に集い,共に未来の平和構築への思いを分かち合っている姿には胸を打たれるものがありました。
 私は,今も終戦後のある日,ラジオを通し,A級戦犯に対する判決の言い渡しを聞いた時の強い恐怖を忘れることが出来ません。まだ中学生で,戦争から敗戦に至る事情や経緯につき知るところは少なく,従ってその時の感情は,戦犯個人個人への憎しみ等であろう筈はなく,恐らくは国と国民という,個人を越えた所のものに責任を負う立場があるということに対する,身の震うような怖れであったのだと思います。
 戦後の日々,私が常に戦争や平和につき考えていたとは申せませんが,戦中戦後の記憶は,消し去るには強く,たしか以前にもお話ししておりますが,私はその後,自分がある区切りの年齢に達する都度,戦時下をその同じ年齢で過ごした人々がどんなであったろうか,と思いを巡らすことがよくありました。
 まだ若い東宮妃であった頃,当時の東宮大夫から,著者が私にも目を通して欲しいと送って来られたという一冊の本を見せられました。長くシベリアに抑留されていた人の歌集で,中でも,帰国への期待をつのらせる中,今年も早蕨(さわらび)が羊歯(しだ)になって春が過ぎていくという一首が特に悲しく,この時以来,抑留者や外地で終戦を迎えた開拓民のこと,その人たちの引き揚げ後も続いた苦労等に,心を向けるようになりました。
 最近新聞で,自らもハバロフスクで抑留生活を送った人が,十余年を費やしてシベリア抑留中の死者の名前,死亡場所等,出来る限り正確な名簿を作り終えて亡くなった記事を読み,心を打たれました。戦争を経験した人や遺族それぞれの上に,長い戦後の日々があったことを改めて思います。
 第二次大戦では,島々を含む日本本土でも100万に近い人が亡くなりました。又,信じられない数の民間の船が徴用され,6万に及ぶ民間人の船員が,軍人や軍属,物資を運ぶ途上で船を沈められ亡くなっていることを,昭和46年に観音崎で行われた慰霊祭で知り,その後陛下とご一緒に何度かその場所を訪ねました。戦後70年の来年は,大勢の人たちの戦中戦後に思いを致す年になろうと思います。
 世界のいさかいの多くが,何らかの報復という形をとってくり返し行われて来た中で,わが国の遺族会が,一貫して平和で戦争のない世界を願って活動を続けて来たことを尊く思っています。遺族の人たちの,自らの辛い体験を通して生まれた悲願を成就させるためにも,今,平和の恩恵に与っている私たち皆が,絶えず平和を志向し,国内外を問わず,争いや苦しみの芽となるものを摘み続ける努力を積み重ねていくことが大切ではないかと考えていますhttp://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/gokaito-h26sk.htmlより転載

この次の質問は彼女の芸術・文化観をお尋ねするもので、『「それに接したことにより,喜びや,驚きを与えられ,その後の自分の物の感じ方や考え方に,何らかの影響を与えられてきたもの」と申せるでしょうか』と回答なさった。彼女のすべての言動からPurification(潔斎)が感じられる。
皇后陛下お誕生日に際してのご近影 2014

閑話休題(それはさておき)


17日(金曜日)と昨日、井上ひろこ作品展「Creation in my life」に足を運んだ。会場は閑静な住宅街にあるGallery門馬(中央区旭ケ丘2丁目3-38 📞011-562-1055)。Hiroko女史の作品群がキュートにキュレーション(curation)された空間で、一枚の絵に衝撃を受けた。
Hiroko Inoue220141020
この作品によって久々に「南方マンダラ」を彷彿した。衝撃の源泉は何らかの物語が彼女の絵に内属されていることであった。だから、その物語に含まれる情報や知識を同一の内容として再生することを試み、それを楽しんだ。そして、Hiroko女史がライプニッツ流のグローバルナレッジ(一切智・普遍知)をマスターなさっているのを知った。このギャラリーに展示された彼女の全ての作品は「知識の宝庫」。図書館に身を置いたような氣持ちがする。あぁ、うれしいなぁ〜。ありがたいなぁ〜。23日(木曜日)午後5時まで開催中。

井上ひろこ プロフィール
◆サロン・ド・シャポー学院卒業後、Art Center College of Designに学ぶ。帰国後、名古屋のファッションメーカーに入社。その後、フォンテーヌ(fontaine)を設立開業。第1〜4回札幌コレクションにてファッションショー、アトリエアムで絵画展、アンティークショップ フォルミカ開店、バレー衣装創りなど活躍中。


是非、お運びください。おススメします♫

寒さが日に日に増しています。
みなさま、どうかお体を大切にご自愛ください。

大きな笑顔の佳き一週間を   感謝