朝陽_20180923_062436
朝陽@旭ケ丘 20180923_062436

先日お会いしたご夫人から黒点ゼロの日が続いていますというお話しをいただいた。宇宙情報センター(SWC)の太陽黒点(Sunspot)情報を見ると、確かに9月13日以降黒点ゼロの日が続いている(http://swc-legacy.nict.go.jp/sunspot/)。2009年には黒点数(Sunspot Number)ゼロの日が260日あったのだから驚くこともなさそうだが、今後はゼロの日が続くと予測されている。

現在は、12年間ほど続いた「サイクル 24(Cycle 24)」という太陽活動周期にあり、1749年に太陽黒点観測が始まって以来3番目に弱いもの。下記の表は観測が始まった太陽黒点数の各太陽活動周期ごとの差を表現している。プラス(上向き)は通常より高い太陽活動を示し、マイナス(下向き)は通常より弱い太陽活動を示している。
太陽黒点サイクル
出典:KALTE SONNE@Die Sonne im Juli 2018 und ein heiser Sommer(27. August 2018 | 07:30)

サイクル 24は、ダルトン極小期(1790〜1830)以来、180年ぶりの低い太陽活動を示している。このように黒点の少ない時代は、経験則では、寒冷化の傾向が強い。現在は太陽磁場の南北の差が非常に大きいらしく、今後も太陽黒点は減り続ける状態が長く続くようだ。SWCの今後12ヶ月の黒点数の予測値にも2018年10月〜2019年7月の黒点数はゼロとなっていて、太陽活動が弱い状態が続くであろうことを知らせている。

太陽国点数に言及するリポートに「小氷河期に突入」という表現を散見するが、私たちには寒冷を乗り越える技術や文明があるのだから、それらの英知を上手く起動させることができるなら問題または危機を最小限にすることができそうだ。先般の北海道地震で被害を受けた苫東厚真火力発電所や伝送システムを始めとするインフラのあり方を顧みて、上手に技術を活用できる体制へと日本社会を再構築することが必要条件となる。

※太陽黒点(Sunspot)と「サイクル 24」と「サイクル25」についてはこちらをご覧ください。
→ https://www.swpc.noaa.gov/sites/default/files/images/u33/What%20Happened%20to%20Those%20Sunspots.pdf


閑話休題(ソレハサテオキ)


ルドルフ・シュタイナー(Rudolf Steiner:1861年2月〜1925年3月)は1906年9月4日の講演で、「地震が頻繁に起こる時期における出生を調査してみたところ、地震の起こった地域に限らず周辺部でも、その時間に相前後して生まれた人々は非常に物質主義的性向を持つということがわかった。地震はその原因ではなく、実はこれらのこれから生まれでようとしている物質主義的魂が火地球層の力を解き放ち、それによってこれらの魂の誕生時に地球を揺さぶるのである」と火(地球層と呼ばれる層)と人間の魂と地震の関係について言及している。

「物欲の時代は終わり、心魂浄化の時代が始まっている。迷走する世界へ、シュタイナーからの提言」という言葉が記された『シュタイナー天地の未来─地震・火山・戦争』(風濤社・新装版 2015/9/24)では、翻訳者の西川隆範氏が訳者序文で興味深い見識を開陳なさっている。
 中世ドイツの神秘哲学者アグリッパ・フォン・ネッテスハイムが作成した「大天使カレンダー」によると、1879年にミカエルの時代が始まる。
 人智学の創始者ルドルフ・シュタイナーは、「天で戦いが起こった。ミカエルとその使いたちが、竜に戦いを挑んだのである。竜とその使いたちも応戦したが、勝てなかった。」「そして、もはや天には彼らの居場所がなくなった。この巨大な竜、年を経た蛇、悪魔とかサタンとか呼ばれるもの、全人類を惑わす者は、地上に投げ落とされたのである。その使いたちも、もろともに投げ落とされた」(『ヨハネ黙示録十二章』)という事件が起こったのはこの年だ、と述べている。
 人間の一生は月のリズム(約18年半)に従って変化を遂げていき、社会は太陽のリズム(33年)に従って展開していく。
 1879年から33年が二度めぐったとき、広島、長崎に原爆が落とされ、それからまた33年が二度めぐったとき、福島の原発事故(東日本大震災)が発生した。
・・・・・
 1998年(666×3)に悪魔的存在が地上に誕生し、21世紀前半中にも活動を開始する、とシュタイナー学派は見ている。他方、本書でシュタイナーも語っているが、紀元前3101年に始まった暗黒時代(カリユガ)の第一期が1899年に終了し、精神世界への見通しが明るくなってきている。幾多の困難が今後もやってくるだろうが、全体的には世界は精神化へ向かっている。物欲の時代は終わり、心魂浄化の時代が始まっている。時代の流れを促進するか、物質に固執して混迷を深めるか、個人個人の生活が岐路に立っている。

以下の文章を合わせ読むと面白いものが見えてきます。
The mysticism and curse of 33rd parallel
(pravda 27 Aug 2012 at 21:12)
 It is difficult to know for sure, but the 33rd parallel plays a huge role when it comes to disasters in the modern world. Dallas with its car accidents, Tripoli with the "Arab Spring," Baghdad, Damascus, Kashmir, Tibet, Nagasaki - they all are located on the 33rd parallel. Is it a coincidence that occult sciences attach special importance to number 33?
 All you need to do is to have a look at the map of the world. Look at the significance of the parallel in the Masonic country of General Pike and green bank notes. Take a look at the location of the unfortunate city of Dallas known for its car accidents (this is the official point of view) and its president, who was murdered by some ... Wizard of Oz 22/11. Look further and find the city of Tripoli in Africa. The city became widely known for its "Arab Spring." In Asia, there is also Baghdad, famous for its tales of Scheherazade with the use of weapons of mass destruction.
 You can also find the poor city of Damascus, which, as Prophet Isaiah predicted (chapter 17), would be destroyed. Look again at the map to find out that Iran and its good city of Isfahan are located on the parallel too. If you continue the Masonic journey around the world, you will cross the "peaceful" Afghanistan and Kashmir, known for its local wars. And of course, there is Tibet.
 An American commentator - a friend of mine - also insists on the significance of the city of Phoenix, Arizona, that sits on the 33rd parallel. He connects Phoenix with Lebanon, Tyre, good old Phoenicians and Hiram, who built the famous temple.
 The thirty-third degree is the highest degree in Freemasonry; the addition of number 11 and 22 (look in the "Dictionary of Numbers"); the number of Dante songs; the king of the universe and the spiritual fulfillment. All this is about the key number in the history of the new world order. The sum of these numbers - 22 and 11 in the Tarot is the blade of force and mate.
 After the venerable George H. Bush announced his intention to cooperate with the British, oil monarchies and European socialist parties (including the one that belongs to the pyramidal and very well dedicated Mitterrand), the Western powers started moving from war to war, from one occasion to another.
 Someone talks about oil - the old "hellish water" - to explain the execution of Gaddafi, the destruction of Syria, the capture of Baghdad, the future destruction of Iran and the rest of the world in the name of democracy, human rights and the enormous debt. Why not talking about Illuminati and mentioning a few examples in history? Take a look at the French Revolution - it is also associated with very specific political and financial intentions.
 Just listen to what French national genius Alexander Dumas says. Dumas understands the causes of the French Revolution better than other history teachers. In "Joseph Balsamo," he wrote the following lines, which could be attributed to some grand Count Cagliostro:
 "I need 20 years to destroy the old world and create a new one - 20 years - that is 20 seconds in eternity, and you say it's too long!"
 Dumas perfectly described the desire to liquidate or dissolve humanity, and it was described 200 years before Bush Sr.:

"The nations make one huge army. Born at different times and in different circumstances, they took their places in the ranks and should arrive, each in turn, to the purpose for which they were created. They constantly march, even if it seems that some of them rest. They retreat for incidental reasons, not because they go back; they gather strength before overcoming an obstacle or crushing the difficulties faced."

 Who is this Illuminati? This is a dreamer who plants his policy of destruction depending on the parallel or the number, which he considers important. Nagasaki is on the same latitude with Los Alamos nuclear desert! Truman was the 33rd President of the US!

Dumas:

"When I woke up, - the Illuminati continued, - I realized that I was more than a human being. I realized that I was nearly God.

Nicolas Bonnal Pravda.Ru
Read the original in Russian


大きな笑顔の佳き秋分の日を。