横田基地を中心とした防衛システムの現状維持を最優先にしたいと言う合衆国の主権の発動であるが、これを巧妙にかわす知識・見識・胆識ある人物(政治家)諸氏に日本という民族国家の行く末を任せたいものだ。日本国が創り出そうとしている価値と違うので、合衆国の主張には同意できるけど賛成できないのです、と相手を理解した上で、自らのメッセージ(価値)を明快に同盟国や諸外国に伝える能力が必要とされている。
羽田空港 新飛行ルート 日米の調整難航で運用できないおそれ
(NHK 2018年10月4日 4時42分)
 東京オリンピック・パラリンピックに向けて、羽田空港の国際便の発着便を増やすための新たな飛行ルートをめぐって、日本とアメリカの間の調整が難航し、運用できないおそれが生じていることがわかりました。政府内からは、外国人旅行者を2020年までに4000万人にするという目標に影響が及ぶことを懸念する声も出ています。
 東京オリンピック・パラリンピックに向けて、政府は、羽田空港の国際線の発着便を大幅に増やそうと、先に東京都心の上空を通過する新たな飛行ルートを2020年までに設ける方針を決め、関係自治体などを対象に説明会を開くなどして理解を求めています。
 一方、この新たな飛行ルートは、在日アメリカ軍横田基地が航空管制を行う空域を一時的に通過することから、政府は、羽田空港を発着する航空機の上空通過を認めるとともに、航空管制も日本側が行うことを前提に、アメリカ側と調整を続けてきました。
 しかし、アメリカ側が、ことし夏ごろになって、上空通過も日本側が航空管制を行うことも認められないという意向を伝えてきたため、飛行ルートが運用できないおそれが生じていることが政府関係者の話でわかりました。
 このため政府は、危機感を強めアメリカ側との協議を続けていますが、事態打開の見通しはたっておらず、政府内からは、安倍政権が掲げる外国人旅行者を2020年までに4000万人にするという目標に影響が及ぶことを懸念する声も出ています。


参考: 
流れのままに 「日≠独=伊・その違い!」(2018年04月06日07:47)
流れのままに 「民衆&政治家」(2016年08月02日10:00)
横田基地