千葉大、海外留学を必修化 20年度以降 全学部・大学院が対象
(日本経済新聞 地域経済 2019/1/25付)
 千葉大学は24日、2020年度以降に入学する全ての学部学生と大学院生を対象に、在学中の海外留学を原則として必修にすると発表した。海外で活躍できるグローバル人材の育成に大学全体で取り組む姿勢を明確にし、少子化で競争が激化している学生の確保を狙う。医学部や園芸学部など幅広い学部を持つ国立の総合大学では初めての取り組みとみられる。
 海外留学の対象となるのは、20年度以降に各学部や大学院の各修士課程・博士課程に入学する全ての学生。23年度以降は約1万人弱の学部学生と、約3500人の大学院生が必修科目として1週間〜2カ月程度、海外に留学する。
 千葉大では16年4月に開設した国際教養学部に限り、卒業までに少なくとも1回の留学を義務付けていた。海外約300大学と学生交流協定を結び、16年度から6学期制を導入するなど、留学しやすい環境整備を推進。17年度には約800人の学生が海外留学しており、全国の国立大学の中でも上位の派遣数を誇っている。
 国際教養学部の先行的な取り組みが順調に推移していることから、海外留学の必修化を全学に拡大することを決めた。留学先の授業料は大学側が負担するほか、渡航費や宿泊費用なども学内外の奨学金を活用すれば、学生の負担は少なく抑えられるとしている。
 ただ海外留学の必修化により大学の財政を圧迫する恐れがあるため、20年度以降の授業料引き上げも検討している

留学というから「1年間〜2年間程度」かと思ったら、何と「1週間〜2カ月程度」。合衆国の場合、多くの大学(Undergrad)・大学院(Grad)が2〜3学期制を採用している。秋学期(Fall Semester:9〜12月)と春学期(Spring Semester:1〜5月)、そして希望した学生のみが授業を取る夏学期・夏休み(Summer Semester:5〜8月)。留学生ヴィザ(F-1)で入国した場合には、一学期にUndergradは12 Credit hour(12単位:4科目)以上、Gradは9 Credit hour(9単位:3科目)以上を履修(単位取得)するフルタイムの学生でいる必要がある。だから、「1週間〜2カ月程度」ではフルタイムの学生として勉学に励んで単位取得することは叶わない。F-1ヴィザではなく、観光ヴィザでの入国となるのだろう。日本語で「留学」と称しても、その実態は「観光」に過ぎない。studying overseas(留学)という言葉のセマンティックス(意味)をsightseeing(観光)に制限(minimize:矮小)することもないだろうに。日本の大学を休学して、せめて1学期4カ月間は海外で勉学に励み、現実世界にコミュニケートしたいところです。世界から排除されないためにも・・・


山本哲士氏(1948年7月生)の言説はとても面白い。未だに日本がタコ壷発想に支配されていることと、明治以来の大学知の解体に苦しんでいる理由を知ることができる。日本社会を学び知る上でのユニークな視点をお楽しみください。
https://youtu.be/oHqMNRRXf6E
2017/11/06 に公開
【山本哲士公式チャンネル】大学知の限界と超領域的知


閑話休題(ソレハサテオキ)

ユーチューブ、地球平面説や9.11陰謀論を推奨動画から排除
(AFP 2019年1月26日 14:16 発信地:サンフランシスコ/米国)
【1月26日 AFP】米IT大手アルファベット(Alphabet)傘下のIT大手グーグル(Google)が運営する動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」は25日、地球平面説や、2001年の9.11(米同時多発攻撃)に関する誤った見解を主張する動画を推奨しない措置を講じる方針を発表した。手始めに米国から、その後、他の国々にも導入していく予定だという。
 ユーチューブ側は、サイトの規約には違反していないが、違反すれすれの動画を拡散させないようにする方法を精査しているとして、「内容が違反に関する指針の境界線上にあり、ユーザーに有害な方法で誤った情報を与えかねない動画の推奨を減らしていく」とブログの投稿で発表。
 そうした例として、「重病を奇跡的に治すいんちき療法を宣伝したり、地球は平らだと主張したり、9.11のような歴史的事件について明らかに間違っている情報を主張するような動画」を挙げている。ただし、サイトの規約違反すれすれと見なされた動画でも視聴は可能で、検索にもヒットするが、推奨動画として表示されることはないという。
 ユーチューブ側は、この措置によって影響が出るのは全動画の1%にも満たないと予測しているが、「ユーザー体験」の改善につながるとして、「今回の変更によって、言論の自由を表現する場を維持することと、ユーザーへの責任を果たすことをうまく両立させられると考えている」と主張している。
 問題のある動画を推奨動画として表示させない選定システムについては、人による判断と、機械学習の両方を適用していくという。(c)AFP

岡三マンのツイッターが再び制限、市場には困惑の「なぜ?」
Go Onomitsu、宮沢祐介
(2019年1月23日 11:58 JST 更新日時 2019年1月24日 11:22 JST)
 「岡三マン」のツイッターアカウントが再び制限され、市場の関心を集めている。「不審な行為が確認されている」として、23日に一時的な制限がかかった後、24日早朝には通常表示されていたが、午前11時10分現在、投稿を表示するかどうか尋ねるメッセージが再び表示され、一時的な制限を受けていることが確認される。
 三木証券投資情報部の北澤淳課長代理は、ブルームバーグの電話取材に対して「岡三マンのツイッターは情報が速く出てくるので、ネット中心の短期投資家は注目している」とした上で、「情報を伝える替わりのサイトはあるものの、人気があるだけになぜ制限されたか関心を集めやすい」と応えた。
 ツイッターは、あるアカウントが過剰な数の「いいね」やリツイートをするとルール違反と見なし、一定期間アカウント機能を制限するメッセージを表示することがある。同社の広報担当者に問い合わせてみたが、「セキュリティー上の理由で、個別の案件についてはコメントできない」との返答を得られただけだ。
800x-1[1]
 岡三マンは、企業やテロ、災害まで、株価に影響を与えるニュースをつぶやく。ニュースに反応したつぶやきが速いことから、株取引の情報ツールとしてソーシャルメディアが浸透するなかでも、独特の存在感を放つ発信者だ。現在は、同氏のツイッターを表示しても、最初に一時的な制限がかかった23日以前の投稿しか確認できない。22万を超えるフォロワー数を誇るだけに人々の関心は高い。

岡三マン@okasanman
https://twitter.com/okasanman
マーケット(市場)に関する情報収集・発信の驚くべき早さ、そして内容の正確さで知られた岡三マン@okasanmanのアカウント制限は、ブルームバーグが報じるほど、異常なことで大変な結果や影響をもたらすことを予期させる。

YouTubeの方針からも見えてくるが、今ソーシャルネットやインターネットに何かが起きている。YouTubeはGoogleが運営しているのだから、今回の方針のこの先を読み解くなら、現在「Google検索」でヒットするサイトの中で制限されたものが近い将来には表示されなくなってしまうのかもしれません。

情報リサーチ(検索クエリの発生)に応じた検索結果を返すまでに三つのサーバーを経由する。
Webサーバー
▲ぅ鵐妊奪ス サーバー
ドキュメント サーバー
制限する手法としては、検索クエリを含む頁を引っ張り出すインデックス サーバーの機能をシャットダウンさせるのでしょうか。

櫻井ジャーナルのように見識あるサイト記事は読み続けたいものです。国家というものがマネーの欲を持った人間たちの道具のひとつに過ぎないこと、そしてマネーの力である暴力を行使して人々を支配しようとすることを喝破しています。
ソ連が消滅する直前、ゴスバンク(旧ソ連の国立中央銀行)に保管されている金塊2000トンから3000トンが400トン程度を残して消えたとも言われている。本ブログでは繰り返し書いてきたが、ソ連消滅はアメリカ大統領だったジョージ・H・W・ブッシュを中心とするCIA人脈とソ連の情報機関KGBの中枢を占めていた腐敗勢力によって実行されたクーデター(ハンマー作戦)によると言われている。そうした背景があったので、30歳前後の若者がクレムリンの腐敗勢力、つまりボリス・エリツィンの周辺と手を組んで国の資産を盗んで巨万の富を手にすることができたわけだ。アメリカ支配層はベネズエラが保有する金塊も盗み出そうと狙っているはずである。

情報リサーチが不自由になり、私たちが監視されコントロールされる暗黒時代が訪れるかもしれません。にもかかわらず、それを契機に新しいシステムを創るのだという氣骨を以って世直しをして参りましょう。

今日も大きな笑顔で参りましょう。
一笑一若なのですから・・・。

SunSunの2月2日の朝陽を浴びながら。